その他

賢い犬でも噛まれる可能性はある!初めて会う犬との上手な関わり方とは?【犬のしつけ】

外出した時、かわいい犬を連れて散歩をしている人を見かけたりしますよね。

あゆ
あゆ
かわいい〜と思って近づくけれど、噛まれるのが怖くて…初めて会う犬とどう関わったらいいのかわからないなぁ。

そう思っている人はきっと多いはず。

 

犬と触れ合う前に、どんなことを念頭においた方がいいのか?

どんなに賢い犬でも、咬みついてくることはあります。

「絶対に咬まれないという保証はない」ということを常に、念頭におくようにするのが

大切です。

あゆ
あゆ
なるほど!初めて会う犬に対して、そんな風に考えたことなかったなぁ。

どんなにしつけされている犬でも、噛み付いてくる可能性は十分にあるということです。

 

初めて会う犬の正しい6つの触り方

あゆ
あゆ
どんな犬でも噛み付いてくる可能性はあることはわかった!じゃあ、どんな風に接したらいいのかな?

そこで、大事な要点をいくつかまとめてみました。

①いきなり犬に触るのではなく、必ず飼い主に「触ってもよいか」確認する。

②犬と目を合わせない

③急な動きや大きな声など出さずに、ゆっくり近づいていく。

④犬が攻撃的な態度をとらなければ、ゆっくり手を出し、匂いを嗅がせる。

⑤犬の頭をいきなり撫でるのではなく、そのまま犬の胸のあたりを、優しく撫でる

⑥去る時も同様に、ゆっくり離れていくこと。

このような点に気をつければ、犬とのちょうどいい距離感を、つかむことができるでしょう。

あゆ
あゆ
こんなにあるんだ!次から、散歩中の犬と会ったら試しに実践してみよう!

 

それでも咬まれてしまった時の原因と対策

それでも犬に、咬まれてしまった原因と対策は…

犬は試し咬みといって、初めは軽く咬む性質があります。(相手の強さを測るための行為)

人がじっとしていることで、犬が自分の負けを認める場合もあります。

驚いて手足を引っ込めると、犬の歯が内側に向いているため、傷は深くなります。

また、慌てて引っ込めてしまうと、今度は本気で噛んでくることがあります。

あゆ
あゆ
すごい勉強になる!これで、もし噛まれてしまった時も安心だね!

皆さんも、ぜひ、試してみてくださいね。

 

最後に…

ここで、今回のおさらいをしておきましょう。

〜初めて会う犬の正しい6つの触り方〜

①いきなり犬に触るのではなく、必ず飼い主に「触ってもよいか」確認する。

②犬と目を合わせない

③急な動きや大きな声など出さずに、ゆっくり近づいていく。

④犬が攻撃的な態度をとらなければ、ゆっくり手を出し、匂いを嗅がせる。

⑤犬の頭をいきなり撫でるのではなく、そのまま犬の胸のあたりを、優しく撫でる

⑥去る時も同様に、ゆっくり離れていくこと。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたに素敵な人生が訪れますように。

櫻根 あゆ

あゆ
あゆ
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。

あゆ
あゆ
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!