その他

愛犬を長生きさせるための8つの秘訣【犬のしつけ】

皆さんは、愛犬と一緒に生活する上で、どのような健康管理をしていますか?

あゆ
あゆ
健康管理かぁ。食欲があるか、元気があるか観察するくらいかな?

もちろん食欲、元気があるかもとても大事なことです。

そこで、正しい犬の健康管理の仕方についてお話しします。

 

正しい犬の健康管理法をしっかり知ることが、大切!

犬を飼う上で、愛犬の健康チェックは欠かせないことです。

一体、どのような点を気をつけたらいいのか、どこを観察したらいいのか、初めて犬を飼う人も含めて、見ていただけたらいいなと思います。

あゆ
あゆ
正しい健康のチェックの仕方ね!知っておかないとダメだね!

 

体調管理別の重要チェックポイント

ここからは、犬の体調管理を把握する上での、気をつけたほうがいい事などをまとめてみました。

ぜひ、犬を飼っているあなたも、チェックしてみてくださいね。

あゆ
あゆ
はい!私もチェックします!

 

①ちゃんと元気があるか(活動性はあるか)チェックする

遊んでいる時の様子や、呼びかけた時の反応、散歩に行きたがるかどうか、散歩に出た時にいつもと同じくらいの時間を歩くかどうか、大好きなおもちゃやオヤツを見せても無反応など、いつもの元気を100%としたら、今日の元気度はどのくらいなのか観察しましょう。

 

②しっかりご飯を食べているかチェックする

食欲の低下は、いろいろな病気でみられる症状です。

いつも食べるフードを少ししか食べない場合、それが何割程度なのか、他のフードに変えれば、食べるのかどうかを見ます。

 

③体重の変化はあるかチェックする

元気が無くて、体重が減少するのは、病気の可能性が非常に高いです。

また、普通に食事を与えているのに、異常に体重が増加するのも病気の可能性が高いので、早めのチェックをしてあげましょう。

 

④飲んでいる水の量は、少ないか多いかチェックする

体重1kgに対して、犬が飲む水の量は50〜60ccと言われていますが、個体差や季節によって、差があるのでいつもより目に見えて少なかったり、多かったりすることはないか、しっかりとチェックしましょう。

 

⑤排尿に変化はないかチェックする

主に、臭い回数を見てチェックします。

一日の排尿回数は、5回前後が正常です。

また、おしっこをする姿勢をとっているのに出ないことが無いかや、いつものトイレではせず、あちこちに少しずつしていることがないか、飲む水の量が増えていないかも、合わせてチェックしましょう。

 

⑥排便に変化はないかチェックする

回数臭いなどに、変化がないか見て、チェックしましょう。

下痢の場合は、便に出血異物がないかどうか、同時に嘔吐があるか無いかも、大事なチェックポイントです。

また、一回で出きった下痢なのか、一日に何回も下痢が続くのかどうかも、よく観察しましょう。

 

⑦熱はありそうか、なさそうかチェックする

犬の体温は、肛門に体温計を入れて測ります。

平熱は個体差がありますが、38〜39℃くらいです。

普段から平熱を測って、基礎体温を把握しておくと、いつもより体温が高い、低いなどが正確に判断できますよ。

初めて体温を測る場合は、獣医師の指導を受けるのをオススメします。

 

⑧歩き方などに異常はないかチェックする

歩き方がぎこちないふらつく、足の甲を床に擦り付けて歩く(ナックリング)など、歩行に異常がある場合は、様々な病気が疑われます。

犬は痛みを感じると、その部分を舐めたり噛んだりすることもありますので、注意深く観察する必要があります。

あゆ
あゆ
チェックが多くて大変だけど、愛犬が病気にならないように、しっかりと観察することが大切だね!

 

最後に…

ここで今回のまとめがこちら!

〜愛犬の体調管理のチェックポイント〜

①ちゃんと元気があるか(活動性はあるか)

②しっかりご飯を食べているか

③体重の変化はあるか

④飲んでいる水の量は少ないか、多いか

⑤排尿に変化はないか

⑥排便に変化はないか

⑦熱はありそうか、なさそうか

⑧歩き方などに異常はないか

みんなで、愛犬をケガや病気から守ろう!

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたに素敵な人生が訪れますように。

櫻根 あゆ

あゆ
あゆ
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。

あゆ
あゆ
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!