その他

災害から愛犬を守ために…4つの大事なポイントとは?【犬のしつけ】

災害時のために、皆さんは、愛犬を守ための対策をちゃんとしていますか?

あゆ
あゆ
対策かぁ…いざ災害がきたら、焦っちゃいそうだなぁ。

愛犬を守るために、飼い主さんにできることはたくさんあります。

一体、それはどんなことなのでしょうか?

 

災害時のために、愛犬を守る対策をしよう!

さて、今回はもしもの時のために、愛犬を災害から、守るための対策を紹介していきたいと思います。

 

全ての愛犬家に提案!災害時に役立つ6つの犬のしつけ方法とは?【犬のしつけ】前回は、災害時の愛犬を守る対策方法についてお話ししましたね。 ↓↓↓まだ、前回のお話を読んでいいない人はぜひ、読んでみてね...

 

愛犬を守るための4つの災害対策とは?

災害時、もちろん自分の身も守らなければいけませんが、愛犬も守らなくてはいけません。

そこで、大事なポイントを4つまとめました。

 

①犬の普段いる場所を安全にしておこう

どのような環境が安全かは、災害の種類によって異なります。

ですが、家具などが転倒しやすい場所や、ガラス窓の下、ケージが落下しやすい場所ブロック塀の近くなどに、ケージやハウスなどを置かないようにしましょう。

家具を固定したり、ガラス飛散防止フィルムを貼るなどの対策も有効的

 

②家族で避難方法などを打ち合わせておこう

災害が起きた時の家族の集合場所連絡方法、愛犬の避難方法などを、家族で打ち合わせしておきましょう。

人用および、愛犬用の非常持ち出し袋の準備や、持ち出し方法なども話し合っておきます。

人用、犬用の非常持ち出し袋の他に、犬用キャリーバッグを準備しよう。

 

③普段から地域情報を集め、ご近所、飼い主仲間との連携を図ろう

家を留守にしている時に、災害に遭う可能性もあります。

そのような時に助け合えるよう、ご近所飼い主仲間との連携を図り、いざという時に、愛犬の面倒を見てもらえるよう、話し合いましょう。

あゆ
あゆ
なるほどね!近所の人たちとの連携かぁ!考えたこともなかったな〜!

 

④愛犬が迷子にならないための対策をしよう

災害時は、不幸にして愛犬と離れ離れになることが、珍しくありません。

保護された時に、すぐに飼い主がわかるよう、身元がわかる物を必ずつけておきましょう。

あゆ
あゆ
これは大事だよね!私の愛犬も身元がわかる札つけているよ!

名札迷子札首輪など、外から見てわかるものだけでなく、マイクロチップも入れておくと安心ですよ。

〜絶対にやった方がいい!4つの迷子対策〜

首輪をつける!(犬鑑札、狂犬病予防注射済票をつけておく)

マイクロチップを入れておく!

③連絡先入り迷子札をつける!

④犬の写真も撮っておくと良い!

 

災害時の対応のポイントとは?

災害が起きた時は、まず自分の身の安全を確保し、次に愛犬を安心させつつ、リードをつけたり、キャリーバッグに入れるなどして、同行避難に備えます。

家屋の倒壊や、家具の転倒に注意しながら、電気のブレーカーやガスの元栓を切り、非常持ち出し袋を用意します。

あゆ
あゆ
慌てず、焦らず行動することが大切だね!

 

愛犬と一緒に避難する時に気をつけたいことは?

避難の指示があったときは、人用と犬用の非常持ち出し品を持って、愛犬を連れて避難しましょう。

リードやキャリーバッグはしっかりと持ち、足元のがれきや、頭上の電線などに注意しながら、落ち着いて行動するように心がけます。

あゆ
あゆ
実際に災害が起こったことを想定して、練習するのもいいかもしれないなぁ。

前もって自宅のある地域の、防災計画避難ルートなども確認しておきましょう。

折りたたみができるハウスが便利で運びやすくてオススメ。

 

避難所や仮設住宅での注意したいことは?

避難所には、動物が苦手な人や動物アレルギーの人もいますので、愛犬をケージや、キャリーバッグに入れ、普段以上に吠え声排泄物抜け毛臭いなどに気を配ることが大切です。

あゆ
あゆ
たしかに、アレルギーの人とかもいるからね〜細心の注意が必要だね!

他の飼い主さんとも情報を共有し、協力し合うようにしましょう。

また、愛犬の不安ストレスなど、健康に十分、気を使ってあげましょう。

 

最後に…

ここで、今回のおさらいをしておきましょう。

〜愛犬を災害から守ための4つの対策〜

犬の普段いる場所安全にしておこう!

家族で避難方法などを打ち合わせておこう!

普段から地域情報を集め、ご近所、飼い主仲間との連携を図ろう!

愛犬が迷子にならないための対策をしよう!

〜愛犬の迷子防止対策〜

首輪をつける!(犬鑑札、狂犬病予防注射済票をつけておく)

マイクロチップを入れておく!

連絡先入り迷子札をつける!

犬の写真も撮っておくと良い!

大規模な災害は、いつどこで起こるかはわかりません。

なので対策をきちんとして、愛犬を災害から守りましょう。

以上です。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたに素敵な人生が訪れますように。

櫻根 あゆ

あゆ
あゆ
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。

あゆ
あゆ
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!