その他

注意!やって当たり前!犬にとって当たり前な7つの行動とは?【犬のしつけ】

実は、人間にとっては当たり前ではない行動でも、犬にとっては当たり前な行動があるのを知っていましたか?

あゆ
あゆ
え!なになに!そんなのあるの!?

そこで、今回は犬にとって当たり前な行動について、まとめてみました。

 

人間にとって当たり前ではなくても、犬にとって当たり前の行動がある!

さて、今回は犬にとって自然な行動について、まとめてみました。

あゆ
あゆ
一体、どんな行動があるんだろうね〜!

 

犬にとって当たり前な7つの行動とは?

犬にとって当たり前な行動は全部で7つあります。

それでは1つずつ、詳しく紹介していきます。

あゆ
あゆ
よし!どんな行動があるのか見ていこう!

 

①いろいろな所におしっこをすること

存在をアピールしたり、安心したりするための「マーキング」です。

トイレの場所を理解していても、単なる排泄とは別の意味でしているのです。

おしっこをかけた場所を観察すれば、犬からのメッセージも、理解できます。

あゆ
あゆ
犬からのメッセージかぁ。初めて知ったな〜!

 

②ゴミ箱をあさること

獲物を探して捕らえるのも、自然な行動です。

人が食べた物の包み紙や、食べ残しなどがあれば、ゴミ箱をあさらない方が不自然であり、それは犬にとってはとても楽しい行為です。

あゆ
あゆ
たしかに、私の愛犬もよくゴミ箱あさっているな…こういうことだったんだね!

なぜか、鼻をかんだ後のティッシュなども大人気。

 

③遠吠えをすること

救急車などのサイレンを聞くと、「ウォーン」と長く吠えることがありますが、これは、「遠吠え」です。

遠くにいる仲間に、「自分はここにいるよ」と伝えようとしている習性であり、サイレンの音が、その習性を刺激するようです。

あゆ
あゆ
へぇ〜遠吠えって、自分はここにいるよって伝えようとする習性があるんだね!これも初耳!

 

④落ちている物を食べること

獲物が捕れなかった場合は、落ちているものを見つけて食べる。

これは野生の犬にとって、生命維持のために必要な行動でした。

その習性は、今でも自然な行動として残っています。

ただ、食べられると困るものもあるので、しっかりコントロールしよう。

 

⑤家具をかじること

ハウスから出して、留守番をさせていたら、ソファやカーテンをかじられてしまった。

これは楽しいものを、見つけたら遊んでみたくなるという、自然な行動です。

あゆ
あゆ
ある!これめっちゃある〜。もう家にあるソファもボロボロ…

犬を見ていられない時は、遊びたくなるような物を見せないようにするか、ハウスに入れておきましょう。

 

⑥よその犬を威嚇すること

よその犬に会うと、牙をむいたり、うなったりして威嚇する子もいます。

「こら!うならないの!」と叱る飼い主さんもいますが、これも自然な行動の一つです。

威嚇することは、喧嘩にならないように、お互いをけん制し合っているということ。

 

⑦動くものを追いかけること

飼い主さんを追いかけ、足に噛み付くというような行動も、自然な行動の一つです。

犬にとって、動いている物を追いかけるのは、楽しい遊びであり、コミュニケーション手段の一つでもあるのです。

あゆ
あゆ
なるほど〜追いかけたり、足に噛みつく行動は、遊びでもあって、コミュニケーションでもあるんだね!

この他にも、他の犬とにおいをかぎ合うにらみ合ううなるなども犬にとっては、ごく自然な行動といえます。

 

最後に…

ここで、今回のおさらいをしておきましょう。

〜犬にとって当たり前な7つの行動〜

①いろいろな所におしっこをすること!

ゴミ箱をあさること!

遠吠えをすること!

落ちているものを食べること!

家具をかじること!

⑥よその犬を威嚇すること!

⑦動くものを追いかけること!

こうしてみてみると、飼い主さんがよく悩んでいる犬の行動のほとんどが、犬にとっては自然な行動だということがわかりますね。

あゆ
あゆ
どんな子でもすることだし、して当然なことなんだね!

愛犬がこれらの行動をするからといって、「うちの犬はダメな犬なんだ」と悩む必要はありませんよ。

以上です。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたに素敵な人生が訪れますように。

櫻根 あゆ

あゆ
あゆ
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。

あゆ
あゆ
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!