その他

今すぐできる!しつけの悩みを解決する大事な4つのポイントとは?【犬のしつけ】

あゆ
あゆ
はぁ…最近、愛犬のしつけに悩んでいるの…噛み付いたり、飛びついてきたり、どうしたらいいんだろう。
ドッグトレーナー
ドッグトレーナー
大丈夫?私、相談に乗るよ!しつけの悩みが解決する方法を紹介するよ!

ということで、今回は犬の問題行動についてや、しつけのお悩みを解決するためのポイントを、お話ししたいと思います。

 

愛犬のしつけの悩みを解決するにはどうしたらいいの…?

ここからは、実際にあった私の体験談です。

以前、友達の家に遊びに行った時のこと。

玄関に入ると、とても元気なチワワが飛びついてきて、顔をなめて歓迎してくれました。

あゆ
あゆ
この時は、歓迎してくれて嬉しかったなぁ!

それなのに友達は「こら!やめなさい!」と犬を叱りました。

私は飛びついて、歓迎してくれたのが嬉しかったので「いいよ、大丈夫だよ」と言うと、友達は不思議そうな顔をしていました。

あゆ
あゆ
あとで話を聞くと友達は、本やインターネットの情報、そして周りの友人から「飛びつくのはいけないこと」と言われて、そう思い込んでいたんだって!

そのため、お客さんを歓迎していた犬をずっと叱ってきたそうです。

しかし、犬が嬉しくて飛びついていてされている方も喜んでいるのなら、それはやめさせる必要があることなのでしょうか?

あゆ
あゆ
まぁね〜、それもそうかもしれないね!

もちろん、お客さんが嫌がっている場合には、やめさせなければいけませんが、別の部屋ハウスに入れておけば、犬を叱る必要はありませんよね。

変えるべき行動かどうかを、まずは考えてみましょう。

 

お悩み解決ポイント① 愛犬を叱らないこと!

愛犬を叱らない?

じゃあ、どうしたらいいの?と思った方もいると思いますが、まずはこちらをご覧ください!

あゆ
あゆ
愛犬を叱らない方法以外に何があるんだろうね!

 

叱るのではなく、愛犬にお願いをしよう!

犬と暮らしていると、時には頭にくることもあると思います。

例えば、お散歩から帰ってきて犬の足を拭きたいのに、足先を触ろうとすると嫌がる犬もいます。

そんな時、嫌がる犬を叱ってしまうこともあるのではないでしょうか?

あゆ
あゆ
あるなぁ。なかなかいうこときかない時とかね〜…

しかし、足先はデリケートな部分であり、嫌がって当然なのです。

ですが、家の中が汚れるのも困りものです。

では、どうしたらいいと思いますか?

 

愛犬に我慢させないといけない時の正しい対応とは?

相手に我慢してもらうには、喜んで受け入れてもらえる条件を考えるべきです。

食べることが好きな犬は多いので、「嫌だろうけど美味しいものをあげるから足を拭かせてね」と上手にお願いしてみましょう。

あゆ
あゆ
そうだね〜愛犬にお願いしてみるのが1番いいと思う!

私の愛犬は、テーブルの上の物を取ってかじるのが大好きで、先日は、お気に入りの洋服をかじられました。

見事にボロボロになり、さすがに怒りがこみ上げましたが、叱りはしませんでした。

テーブルの上から物を取ることは、自然な行動であり、飼い主さんの都合だけで叱るべきではないからです。

 

叱ってしまうと学習しにくいこともある…

叱っても効果がないばかりか、逆効果になることもあります。

例えば、トイレを失敗した時に叱ると、飼い主さんが見ているところでは排泄をしなくなり、成功を褒めることができず、学習をさせにくくなってしまいます。

あゆ
あゆ
それは困るね…そうならないためにも、愛犬に叱るのは控えたほうがいいかもしれないね!

 

お悩み解決ポイント② 愛犬の気持ちを理解してあげよう!

では、愛犬の気持ちを理解してあげるには、どうしたらいいのかまとめてみました。

あゆ
あゆ
愛犬の気持ちを理解するのは簡単なことではないけれど、大切なことだよね!

 

犬の気持ちに寄り添って考えてみよう!

人は、鳥に「飛ぶな」とは言わないけれど、犬には「吠えるな」「噛むな」と言います。

あゆ
あゆ
たしかに!そう言われてみると、そうだね…!

犬は、どんな動物よりもその習性を禁じられていると感じます。

例えば、多くの本には甘噛みは、やめさせましょうと書いてあります。

しかし、犬だってしたいことはしたいし、嫌なことは嫌なのです。

あゆ
あゆ
そうだよなぁ。犬にだって気持ちはあるからね!

 

愛犬の気持ちを精一杯、受け止めてあげよう!

特に子犬にとって、甘噛みは楽しい遊びです。

ぬいぐるみやおもちゃを与えるなどして、犬の「噛みたい」という欲求を、受け入れてあげても良いのではないでしょうか?

これらは、甘やかすということではない!

 

犬の気持ちを無理やり押さえつけてしまうとどうなるのか…?

反対に、犬の気持ちを無理やり押さえつけると、不満がたまり、ストレスにより更なる問題行動が、出てしまうこともあります。

愛犬の「いやだ」という気持ちを受け入れ、別の方法を探してあげることが、真の解決になるのです。

あゆ
あゆ
愛犬の気持ちを受け入れることから、始めるのもいいかもしれないね!

その他にも、おやつを与えても足を拭くのを嫌がる子の場合、無理やり拭かずに、タオルの上を歩かせて、汚れを取る方法も考えられます。

愛犬が不快な思いをしない方法を考えてあげるのは、楽しいものです。

 

友だちがいらないという子もいる!

「よその犬と仲良くできない」と悩む飼い主さんがいます。

人間は、友だちがいないと寂しいと感じるかもしれませんが、犬はそうではありません。

子犬であれば社会化が必要。

だけど成犬であれば、無理やり近づけようとするのはやめること!

 

お悩み解決ポイント③ 自分で判断しても大丈夫!

しつけなどをするか、しないかは自分で判断することが大切です。

あゆ
あゆ
飼い主さん自身が、それぞれ判断するという方法だね!

 

するかしないかは、自分で判断しよう!

愛犬との付き合い方に決まりはなく、飼い主さんがしたくないことは、しなくてもいいのです。

現代では、インターネットに情報があふれています。

あゆ
あゆ
今の時代、パソコンとか携帯で調べれば、何でも答えが見つかるもんね〜。

愛犬の問題行動をなおしたいと思ったら、その方法はすぐに探すことができます。

また、飼い主さん仲間も親身になって、アドバイスをくれるかもしれません。

ですが、それらの情報をうのみにするのはよくない!

 

本やインターネットの情報を、うのみにしてはいけない理由とは?

例えば、愛犬が甘嚙みをするのが大好きな子で、飼い主さんもその行為が可愛いと思っているのに、周りが「ダメ」と言うからと、泣く泣く叱っている人もいました。

でもそれは、本当に必要なことでしょうか?

あゆ
あゆ
ん〜それは必要ないかと思うけど、どうなのかなぁ?

本やインターネットの情報を見ても、それを実行するかどうかは、一度考える必要があります。

ここに載っている情報も、全ての子に当てはまるわけではありません。

あゆ
あゆ
たしかに、その子によってそれが当てはまるかなんて、わからないもんね!

自分の犬のことを、一番よく知っているのはあなたなのです。

愛犬をよく観察し、自分なりの付き合い方を見つけていこう!

 

難しく、大変な方法は避けても大丈夫!

トイレを失敗させないために、トイレシートを部屋のいたるところに敷く人もいます。

確かに、間違った方法ではないのですが、これでは犬が正しい場所を覚えるまでに、時間がかかりますし、飼い主さんの生活の邪魔になってしまうかもしれません。

あゆ
あゆ
なるほど!私、このやり方やったことあるけれど、あまりよくないことなんだね!

 

お悩み解決ポイント④ 無駄なことはしなくていい!

実は、飼い主さんは無駄なことはしなくていいのです。

そこで、どうすればいいのかをまとめてみました。

あゆ
あゆ
気になる!無駄なことはしなくてもいいってどういうことなのかなぁ?

 

芸などの必ずしも必要ではないことは、できなくていい!

「うちの子、オテができないんです」と深刻な表情で悩む飼い主さんがいますが、この悩みは、とても不思議です。

「オテ」ができないと何か困ることでも、あるのでしょうか?

あゆ
あゆ
たしかにそうかも!よく考えてみるとそうかもしれないね!

「オテ」は犬が生きていくために、必要な動作ではありません。

「オテ」を教えることは、を覚えさせるということ!

 

もし芸ができなくても、日常生活で困ることは何もない!

もし飼い主さんが「みんなできるのに、うちの子はできなくて恥ずかしい」という理由で悩んでいるのなら、そんな気持ちは捨ててしまって大丈夫です。

もちろん「オテ」ができると「かわいい!」「おりこう!」などと言ってもらえるかもしれませんが、それで1番満足するのはよりも、飼い主さんなのではないでしょうか?

あゆ
あゆ
たしかに!犬よりも飼い主さんのほうが満足するっていう感じだよね!

中には芸をして、ご褒美をもらうのが好きな子や、おやつがもらえるとわかったら楽しんでやる子もいます。

そういう子であれば、遊びとしてやるのも良いでしょう。

しかし、できないからと悩んだり、無理に教えたりする必要はない!

 

芸ができない子はダメな子ではない?

本当にダメなのは、しっかり教えられていない飼い主さんの方かもしれません。

例えば、ご褒美は用意していますか?

あゆ
あゆ
やっぱり、ご褒美は必要だよね〜!

ダメ犬ではなく、もしかするとメリットがないことはしない賢い犬なのかもしれません。

 

いっそのこと、おもちゃにしちゃおう!

飼い主さんのニオイが好きな犬にとっては、スリッパが大好きなおもちゃになることもあります。

「噛んじゃダメ」と叱るよりも、古くなったスリッパをおもちゃとして、与えてあげるのもOK!

 

実は環境を見直せば、悩みが解決する場合もある!

飼い主さんたちの中には、本当は全く悩まなくてもいいことで、悩んでしまっている人がいます。

例えば、「洋服を着せようとすると噛む」「お供え物を食べてしまう」という悩み。

あゆ
あゆ
あるある!私も、今それで少し悩んでいるんだよね〜!

あなたなら、どうやって解決しますか?

洋服を着せる練習をする?

お供え物は、食べてはいけないと教える?

あゆ
あゆ
そうだなぁ…やっぱり練習させたり、食べてはいけないって教えるかなぁ。

しかし、そもそもこれは本当に、犬の行動を変える必要があることなのでしょうか?

 

愛犬に教える前に、飼い主さんがよく考えてから行動しよう!

困るからと、犬の行動を変える前に少し考えてみましょう。

洋服を着せる必要が、本当にあるのでしょうか?

お供え物を、犬が届かない位置に置くことはできないのでしょうか?

あゆ
あゆ
愛犬に教える前に、飼い主さん自身がちゃんと考えるっていうことが大切なんだね!

飼い主さんが柔軟に考えることで、愛犬の行動を変えずに問題を解決することもできるのです。

 

最後に…

ここで、今回のおさらいをしておきましょう。

〜愛犬のしつけの悩みを解決する4つのポイント〜

①愛犬を叱らないこと!

②愛犬の気持ち理解してあげよう!

③自分で判断しても大丈夫!

無駄なことはしなくていい!

ひとつひとつ、しっかりと愛犬と向き合って、正しいしつけを心がけましょう。

以上です。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたに素敵な人生が訪れますように。

櫻根 あゆ

あゆ
あゆ
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。

あゆ
あゆ
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!