その他

成犬ゴールデンレトリバーの正しい内面的の育て方のコツとは?【犬のしつけ】

あゆ
あゆ
家でゴールデンレトリバーを飼っているけど、これで育て方合っているのかなぁ…
ドッグトレーナー
ドッグトレーナー
ゴールデンレトリバーを飼っているのね!私が正しい育て方を教えてあげる!

そこで、今回はゴールデンレトリバーの育て方について、詳しくお話ししたいと思います。

 

ゴールデンレトリバーの正しい内面的育て方とは?

体も心も成犬し、犬種本来の魅力が楽しめる時期に、大切なことをまとめてみました。

あゆ
あゆ
よし!頑張って覚えるぞ!

 

ゴールデンレトリバーとの生活が最も充実する時期はいつ?

成犬は、気力体力とも充実する時です。

コミュニケーション力もグッと深まり、アクティブなゴールデンレトリバーとの生活をもっとも、楽しめる時期となります。

あゆ
あゆ
そうなんだ!愛犬と過ごす時間は、本当に大事だね!

反面、健やかな成長が心配だった子犬期が終わって暮らしが安定し、いろいろな面で、つい油断しがちな頃でもあります。

しかし、この時期の食事運動お手入れトレーニングは、その子のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を大きく左右します。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは?

クオリティ・オブ・ライフとは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質社会的にみた生活の質のことをいいます。

 

犬のQOLが低下すると、どうなってしまうのか…?

人間よりずっと寿命の短い犬にとって、QOLの低下は、病気肥満に直結します。

あゆ
あゆ
QOLの低下で、病気とか肥満になりやすくなるんだね…気をつけないといけないね!

立派に成長した後もしっかり手をかけ、愛情を注いで過ごしましょう。

 

実は、ゴールデンレトリバーは愛玩犬ではない

ところで、ゴールデンレトリバーは根っからの作業犬

愛玩犬ではないので、ただ可愛がるだけの飼い主は向きません。

ゴールデンレトリバーが持っている旺盛な、作業欲知的欲求を満たすため、また、運動不足によるストレスを軽減するため、生活にアクティビティを取り入れて過ごすと更にGood!

 

愛情で結ばれているからこそ、指示に従う喜びがある

ゴールデンレトリバーは、とても従順素直で、よくトレーニングに従います。

それはひとえに、人と一緒に行動するのが大好きという性格の賜物。

あゆ
あゆ
たしかに!私の愛犬もゴールデンレトリバーだから人が大好き!

人とのトレーニングを心から楽しめる犬種で、楽しい時ほど、いうことをよく聞きます。

 

愛犬が嬉しそうに楽しく動くのには理由がある

ただ命令に従うだけでなく、嬉しそうに楽しそうに動くのは、人への愛情が根底にあるからです。

逆にいくら指示をされても、人への愛情が満たされていないと、反応がよくないかもしれません。

あゆ
あゆ
そうなんだね〜初めて知った!

ゴールデンレトリバーにとっては、その指示に従う意味がないのです。

ゴールデンレトリバーの場合、たくさん褒めて遊びも取り入れて、トレーニングは楽しい」「嬉しいと学習させましょう。

単に服従性が高い犬種ではないので「これをしなさい」ではなく「こうすると、こんなに面白いよ」という教えるのがうまくいくコツ!

理解力の高いゴールデンレトリバーは、その意図を瞬時に飲み込みます。

賢い犬種ですから、飽きないようにアレンジを加えたりして、犬の興味を引きつける工夫も必要です。

 

実は犬の心は、不安でいっぱい!

ゴールデンレトリバーにありがちなのが、飛びつきです。

人が大好きな子興奮しやすい子などは、特に飛びつきやすいです。

犬にとっては喜びの表現でも体が大きいので、重さや衝撃で人が倒されてしまう勢いで、特に他人への飛びつきは、トラブルのもと。

飼い主さんが、コントロールするべき行動の一つです。

あゆ
あゆ
特に、大型犬の飛びつきは危ないからね!注意しないとね!

 

賢い犬種だからこそ、特にトレーニングが大事!

ゴールデンレトリバーは「とてもお利口な犬」として知られています。

そして「お利口だからしつけ要らず」と誤解されがちです。

あゆ
あゆ
たしかに!ゴールデンレトリバーのイメージがそうなんだよね〜でもそれは間違いなんだよね!

しかし、頭のいい犬種だからこそ、犬自身でいろいろ考え、勝手な解釈をしたり発見したりして、裏目の行動に出ることがあります。

それが、問題行動と呼ばれるものに発展するケースもあるので気をつけよう!

ゴールデンレトリバーの理解力を、いい方向へ引き出すためには、犬に正しい理解行動を、身につけてもらうトレーニングが必要です。

ダメなことはダメ、できたら褒めるを根気よく繰り返すことが大切!

 

最後に…

ここで、今回のお話は以上です。

皆さんも愛犬と過ごす時間を大切にしていきましょうね!

以上です。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたに素敵な人生が訪れますように。

櫻根 あゆ

あゆ
あゆ
次回もまた、あなたがこのWEBサイトをご利用頂けるように、ブックマークのご登録を忘れないようにして下さい。

あゆ
あゆ
そして、もしもこの記事を気に入って頂けたら、ぜひあなたのSNSで共有して下さいね。

では、またお会いしましょう!