その他

愛犬を褒める時は、○秒以内が最適!おやつをうまく使う正しい褒め方のコツとは!?【犬のしつけ】

愛犬の正しい褒め方とは?

 

こんにちわ❣️

 

今日は家庭菜園で作った、

ナスとピーマンを収穫しました‼️

 

 

とても立派なナスとピーマン💖

 

早く料理して食べたいなぁ⭐️

 

さて、今回は、

愛犬の正しい褒め方について

紹介していきます😆

 

愛犬と飼い主さんにとって最高に良い信頼関係を築く方法とは?

 

 

本質的に犬は、

どこでもトイレをしていいし、

 

首輪をつける必要も、

リードに繋がれる必要も

ないはずです。

 

それを人の都合で、

「首輪つけて」「リードつけて」

と強制するのですから、

 

犬がしたいことをしたいと、

思えるようなメリットを

与えてあげましょう。

 

犬は、おやつ一個だとしても

本当に大喜びしてくれます。

 

おやつを使って、

犬も飼い主さんも快く学習を

させることで、

 

お互いに良い信頼関係を

築いていきましょう。

 

犬は大好きなおやつであればあるほど、実は学ぶのが早い!

 

 

ご褒美とは…

 

犬が、「大好きなおやつが

欲しいから行動する」と

モチベーションを上げてくれる

ようなもののこと。

 

例えば…

 

いつも食べているフードでは

命令に従わなくても、

 

お肉を与えたら従ってくれた、

というのが本当のご褒美です。

 

大好きなおやつを使うにしても、

ビスケットやお肉などの

種類によって、

 

効果には違いがあることを

忘れてはいけません。

 

犬にとってレベルが高いおやつは何?

 

一般的には…

 

いつものフードよりお肉やビスケット、

特に、ササミを茹でたものなどが、

 

犬にとっては特別、

美味しいものとなり

 

ご褒美としての効能が、

高くなります。

 

知らない人が多い!愛犬を褒める時は、○秒以内が1番効果的!?

 

 

飼い主さんから

ご褒美をもらった嬉しさは、

その時の行動に結びつきます。

 

その行動から時間が

過ぎてしまってから、

 

「さっきはお利口だったね」

と褒めたとしても、

 

犬は何でご褒美をもらえたのか、

何の行動がお利口だったのか

理解できません。

 

効率よく学習させるために…

 

犬が行動をしてから、

8秒以内におやつを与えるなどの

ご褒美をあげて褒めると、

1番効果があるといわれています。

 

排泄やハウスなどの

トレーニング中は、

 

おやつを細かくして、

犬がすぐに取れないところに

常に置いておくなどして、

 

褒める時、すぐに

与えることができるように

しておくのがオススメです。

 

8秒以内に毎回しっかりと、愛犬に伝わるように褒めてあげよう!

 

 

愛犬がお利口な行動をした時

しっかりと褒めてあげれば、

 

またその行動をする確率は

非常に高くなります。

 

例えば…

 

愛犬が正しい所で

5回トイレしたのを、

 

5回全てしっかり

褒めることができれば、

 

トイレの場所を早く

覚えられるでしょう。

 

「これをしたら、おやつがもらえる」

と、犬にしっかり分からせることが

1番大切です。

 

飼い主さんは愛犬を

褒めているつもりでも、

 

犬は褒められていることが

伝わっていないこともあるので、

十分に注意しましょう。

 

急に大好きなおやつをくれたけど、何でかな?

 

犬は「ついさっき」の行動と、

「今」もらえたご褒美を

結びつけて考えることができません。

 

褒めるのも怒るのも、

その瞬間でなければ

犬は理解できないのです。

 

愛犬にどうして欲しいのかを、

学習させることが大切です。

 

以上です❣️

 

次回もお楽しみに☺️

 

あゆ