その他

愛犬との楽しいドライブ!実は危険いっぱい!安心安全を確保するたった1つの事とは?【犬のしつけ】

愛犬と楽しくドライブするには?

 

こんにちわ❣️

 

今日は家庭菜園で育った、

ナスときゅうりを収穫しました😆

 

 

何の料理にしようかなぁ😋

 

早く食べたいな💖

 

さて、今回は、

犬と一緒にドライブをするときに

気をつけた方がいいことを

まとめてみました😌

 

犬と一緒に楽しくドライブ!その時、○○に気をつけないと最悪なドライブに…

 

 

可愛い愛犬と楽しくドライブ。

 

窓から愛犬がひょこっと顔を出して、

気持ち良さそうに風をきる…

 

一目見ると、

可愛くて魅力的に見えますが、

実はこの行動とても危険なのを

知っていましたか?

 

犬は運転のリスクなど

わかっていません。

 

車の中で何かの拍子に興奮し、

暴れまわろうとして、

 

運転を妨害する可能性が

十分にありえます。

 

現に、一緒に乗っていた犬が

原因で交通事故を起こした事例は

結構多いです。

 

車を少し擦るくらいで

済めば良いですが、

 

人身事故を起こしたら

それこそとっても大変ですよね。

 

また、急ブレーキや急カーブで

犬がシートから転がり落ち、

大ケガをしてしまうこともあります。

 

この時は、

愛犬の体重の何倍もの力が

かかるので非常に危険です。

 

一緒に乗っている飼い主さんも、

巻き添えをくらってケガを

することもよくあります。

 

愛犬とドライブは無理?でも大丈夫!飼い主さんと犬の安全を確保する方法は…

 

 

大事なことは車の中では

犬を自由にしないこと。

 

最近だと便利な上に、

安全性抜群なドライブグッズが

たくさん売られています。

 

ドライブグッズを買わなくても、

それよりももっと安全で愛犬を

危険から守ることができる

方法があります。

 

1番安全といえるのが、

クレートの中です。

 

さらに!

 

クレートをシートベルトで固定すると、

車の振動や揺れ、犬が動いて

クレートがずれたり、

 

シートから落ちたりする

心配もありません。

 

狭くて暗いクレートの中に、

愛犬を長い時間入れるのは

かわいそうと思う飼い主さんも

いるかもしれません。

 

でも、心配しなくて大丈夫!

 

犬は狭いところ、

暗いところの方が

落ち着ける傾向があり、

かえって居心地がいいのです。

 

以上です❣️

 

次回もお楽しみに😆

 

あゆ