私の闘病日記

私の闘病日記vol.21〜大腸全摘編〜『HCU病棟から一般病棟へ』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.21
『HCU病棟から一般病棟へ』

をみなさんにお話ししたいと思います。

前回のお話を読んでいない方はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私の闘病日記vol.20
『手術翌日の朝』

私の闘病日記vol.20〜大腸全摘編〜『手術翌日の朝』 今回は… 私の闘病日記vol.20 『手術翌日の朝』 をみなさんにお話ししたいと思います。 前回のお話を読んでいない方はこち...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気に
かかってしまった方に向けて、
少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、
人生を生きていれば、誰もが
悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、
人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、
お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』を
してしまう人だっています。

何か、もう、
消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、
少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に
何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、
あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で
全部『摘出』してしまったので、
日常生活でも不便なことが多い。

病気がなくて健康な人は、
いいなぁ…

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、
大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、
それに体は元気だけど『心』に
何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、
『生きてる』ってことは、
本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、
あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.21
『HCU病棟から一般病棟へ』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

一般病棟への移動決定

そして、容体が安定しているということで…

ついに!!

一般病棟へ移動
することになりました!

やっと!やっとだ…!!

HCU病棟の雰囲気はなんというか、重苦しくて息苦しい感じがしちゃって。。

いち早く
一般病棟に戻りたい…!!

でもでも。

一般病棟に戻るということは、“またあの例のおばあちゃんがいる病室に戻る”ということを意味していた。

HCU病棟から出られる喜びから一転、一気に最悪な気分に。。

はぁ……

と自然とため息が溢れる。

勝手にカーテン開けてくるし、あの病室にはもう戻りたくない…

病室って変えてもらうことってできるのかな…?

いっそのこと、看護師さんから『ちょっと急だけど、病室が移動になりました!!』とか言われないかなぁ…

そう言ってくれないかなぁ…

言ってほしいなぁ。。

というか、ただこうやって待っているだけじゃダメだよね。。

ちゃんと自分から理由を話せば、病室移動できるかな…?

いやいや、、

でもそんなわがままなこと言っちゃダメだよね。。

今考えると、ちゃんと看護師さんに言えばよかったなぁって後悔しているんだけどね。笑

仕方ないけどさ。。笑

優しい看護師さんたち

そして…

一般病棟へ移動する時間になり、看護師さんが車椅子を用意してくれた。

またベッドから車椅子に
移動しなきゃいけないのか…

憂鬱すぎ。。

だって、少しの移動でも一苦労なんだもん。。

面倒臭いよょょ。。

しかも移動する際、管が多くて絡まる絡まる。笑

いつになったら、管が取れるのやら…

看護師さんに管を整えてもらって、点滴スタンドに巻いてもらう。

そしてついに、車椅子への移動を開始する。

あとは、ただベッドから車椅子に移動するだけ…!!

たった1メートルくらいの距離。

いや、実際は1メートルもなかったかもしれないけど…

でも、その“たった1メートル”が、今の私には100メートルのように感じる。

ベッドから体を起こすと、強烈な倦怠感に襲われた。

やっっっばい…

ベッドに座っているだけでも、とてつもなく辛い。

時間が経てば経つほどに、吐き気が催してくる。

早く車椅子に移動しないと…

吐いたらやばい。

点滴スタンドやベッドの柵に捕まって、足全体に力を入れる。

そして、思い切ってその場に立ち上がってみる。

その瞬間、血の気が一気に引いていくのを感じた。

もうすでにベッドに
横になりたい…!!

当たり前だけど、どこかに捕まらないと、自力で起きることも立つことができない。

まるで自分の体じゃないみたいな感覚。

それからゆっくりだけど、一歩ずつ歩いていく。

よちよち歩きというか、ペンギン歩きというか。笑

一歩ずつ、一歩ずつ。。

そして…

無事に車椅子に到着!!

とりあえずホッと安心した。

よかった。。

それから、看護師さんに車椅子を押してもらって、HCU病棟を出る時のこと。

HCU病棟専属の看護師さんたちは、

「頑張ってね!」

「またね!」

と私に声をかけてくれた。

優しい看護師さんがたくさんいて、少し心が救われた気がした。

頑張って、
早く退院しなきゃ…!!

寒さと気味悪さの道中

そして、HCU病棟を出ると、外の空気が懐かしく感じた。

どこからか風が漏れているのか、空気がひんやりと冷たくて、ちょっと寒いくらいだった。

まだ2月だからね。。

寒いのは当たり前だよね。笑

膝にかけていた毛布をもう1度掛け直して、少しでも暖かいように中に手を入れた。

寒くて体がブルブル震える。

寒い。。
寒すぎ…!!!

早く一般病棟に
着かないかな…

一般病棟に戻る道中、何回か車椅子がガタガタ揺れた。

看護師さんに、

「揺れると痛いだろうけど、少し我慢してね〜」

と言われたけど、振動による痛みはそこまで感じなかった。

それよりも、体がだるすぎるし吐き気もあるから、少しでも早くベッドに横になりたかった。

起き上がっていること自体が辛い。。

一般病棟までの道のりは、暗くて静かで、何だか寂しい雰囲気だった。

いかにも心霊番組で出てきそうな、霊が出そうな気味の悪い感じ。

ここ絶対、
夜になったら出るな…笑

そんなことを考えながら、車椅子でガタガタ揺られながら進んでいく。

そして…

やっと一般病棟に到着した。

一般病棟に到着

一般病棟に着くと、見覚えのある景色が目の前いっぱいに広がった。

何だかちょっと懐かしい感じ。笑

病室移動になってないかな…

移動になったとしても、
また窓側がいいな…

早く痛み
無くなってほしいな…

移動中、頭の中でいろいろ考えた。

そしてついに、

「もうすぐ病室に着くからね〜」

と看護師さんは言った。

結局…

今までと病室は変わらず、またあのおばあちゃんのいる病室に戻ってきてしまった。

Oh my god…

やっぱり、そうなると思った。。

でもちょっと期待してたんだけどね。。笑

またおばあちゃんと同じ病室…

先が思いやられるわ。。

早速、病室からおばあちゃんの話し声が聞こえてきた。

おばあちゃんも私と同じ日に手術してるから、痛みもあるだろうし…

さすがにこっちに来るなんてことはないよね…

そのまま、車椅子からベッドへ移動する。

痛すぎて、思うように動けない。

着ているガウンもずれちゃうし。。

もう嫌だぁぁ…!!!

ついイライラしてしまう。

管や点滴をなるべく動かさないように、慎重に持ち上げて整える。

看護師さんに手伝ってもらいながら、何とか体をベッドに移動する。

ベッドに横になるだけで、ものすごく体力を使った感じがした。

100メートル走を全速力で走った後のような。。笑

ちょっと大袈裟かもしれないけど。笑

嫉妬と羨望のSNS

無事にベッドへの移動を果たした私は、もうすでに疲れ切っていた。

すると、看護師さんは

「時間が経ったら、また一緒に病棟を歩こうね!」

と言った。

いやぁ、、大丈夫かな。。

歩けるかどうか…

それまで、しばらく病室で休むことにした。

窓の外の景色を見たり、スマホを見て時間をつぶす。

手術前からスマホを見ていなかったから、Twitterもインスタも見るのが久しぶりに感じた。

SNSを見ると…

みんな友達と遊んだとかデートしたとか、結婚したとか…

そんな投稿ばかりが並んでいた。

いいなぁ…

みんな人生楽しそうで…

友達や同世代の子たちが羨ましく感じる。

みんな健康的で、元気そうで。。

楽しそう。。

それに比べて、どうして私はこんな…

私、、何やってんだろう…

どうして病気に
なっちゃったんだろう。。

そんな風に考え始めると、何だか泣きそうになってきた。

これ以上SNSを見てると、自分のことも嫌いになっていきそうで、スマホの電源を落として机にそっと置いた。

入院してからため息ばかり。

それに主治医から、術後5日経たないと水も飲んじゃダメと言われていた。

何も飲めないし、もちろん何も食べることができない。

5日間も耐えられるかどうか、、笑

退院して家に帰ったら、
何食べようかな…

とにかく早く家に帰りたい…

暇すぎて、ひとり病室でいろいろ考える。

今は、管は3つ付いているし点滴もある。

お風呂も、いつになったら入れるんだろうか…

入院、、本当に退屈すぎる。

病棟内ウォーキング

しばらく、病室でぼーっとして過ごしていると、看護師さんがやって来た。

「ちょっと病棟の中を歩いてみよっか!」

と言われて、看護師さんと一緒に病棟内を歩くことに。

再び看護師さんに手伝ってもらいながら、重い体を起こす。

重力がやばい…

というか、倦怠感が凄すぎて重力に逆らえないっていうか。。

言い方がこれで合っているのかわからないけど。笑

倦怠感に加えて、更に痛みも凄まじかった。

めっっちゃ痛すぎる…!!!

心の叫び。笑

痛すぎて、声に出すこともできなかった。

本当に痛い時ってね、声に出すこともできないのよ。笑

そして、看護師さんは管や点滴が絡まないように慎重に持ち上げながら、それぞれ点滴スタンドに巻いていく。

それが終わるのを確認したあと、一旦ベッドの脇に体を移動させて座ってみる。

頑張れ、、私…!!

自分で自分を応援するという。。笑

そのまま、その場に思い切って立ち上がってみる。

すると…

血の気が一気に引いていくのを感じた。

やばい、、無理かも…

このまま倒れそう!!!

私よ、、
気を確かに持て…!!

そう自分に言い聞かせる。

目の前がグラグラするというか、めまいというか、、

その上、だんだん吐き気も催してきた。

我慢。我慢。。

これから歩くというのに、
ここで諦めたらダメでしょ…

もう一刻も早く歩かないと、その場に倒れそうだった。

立ったばかりなのに、もうベッドに横になりたいくらい。。

はぁ……

もう辛すぎ…

そして、看護師さんは

「では、ちょっと歩いてみましょうね〜」

と言った。

そのまま必死に一歩一歩進んで、まずは病室から出る。

それにしても何回も言うようだけど、、

痛みがすごい…!!!

点滴スタンドに必死にしがみつきながら、おばあちゃんみたいに前屈みになりながらも、看護師さんと一緒に少しずつ前へ進んでいく。

ウォーキング途中で断念

病棟を出て1,2歩を歩いたところで、もうすでに歩けるような状態ではなかった。

強い倦怠感、ひどい吐き気、凄まじい痛みの三重苦。。

限界かも…

もっと歩きたかったけど
もう無理だ…

そして、看護師さんに、

「病室に戻りたい…」

と伝えると、来た道をUターンすることに。

早く病室に戻りたくても、なかなか前に進むことができない。

たった数メートルですら、辛くて辛くて…

一歩一歩がなかなか進まない。

こんなちょっとの
距離なのに…

体がもたない…

看護師さんと一緒にゆっくり進んで、やっと病室に戻ることができた。

ベッドの脇に座ると、ちょっとだけ体が楽になった気がした。

そして、看護師さんは管や点滴が絡まないように点滴スタンドから順番にとってくれて…

ついに、ベッドに横になることができた。

ベッドの上の安心感!!!

とにかく疲れた。。

ただちょっとの距離を歩いただけなのに…

こんなちょっとしたことで疲れちゃうなんて、、

今の状態で、約2週間後に退院できている自分が想像すらできなかった。

不安でしょうがない…!!

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.21
『HCU病棟から一般病棟へ』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.22
『術後のレントゲン撮影』

私の闘病日記vol.22〜大腸全摘編〜『術後のレントゲン撮影』 今回は… 私の闘病日記vol.22 『術後のレントゲン撮影』 をみなさんにお話ししたいと思います。 前回のお話を読んでいない...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように