私の闘病日記

私の闘病日記vol.20〜大腸全摘編〜『手術翌日の朝』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.20
『手術翌日の朝』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.19
『HCU病棟で過ごす夜』

私の闘病日記vol.19〜大腸全摘編〜『HCU病棟で過ごす夜』 今回は… 私の闘病日記vol.19 『HCU病棟で過ごす夜』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでい...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.20
『手術翌日の朝』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

HCU病棟の朝

2019年2月5日。

手術翌日。

目が覚める。

すると…

病室の窓を見てみると、もう外は明るくなっていた。

(あぁ…もう朝になったんだ。。)

病室の電気がやけに眩しい。

HCU病棟の朝は、少し賑やかだった。

看護師さんが、慌ただしく動き回っている。

病室の大きな自動ドアも開いていて、夜よりも開放的になっていた。

この日は、やっとHCU病棟から一般病棟に戻れる日。

つまり…

また例のおばあちゃんがいる、あの病室に戻るということだ。

(HCUから出られるのは嬉しいけど、またあのおばあちゃん…)

できればもう会いたくない。。

早く一般病棟に戻りたいけど、、

すごく憂鬱。。笑

看護師さんと世間話

すると、

看護師さんが病室にやってきた。

ベッドを少し起こして、体を拭いてもらった。

なんでもやってもらわないと、自分ひとりでは何もできない。

体を拭くことさえ…

嫌になるね。。本当に。。

看護師さんと年齢が近いということもあって、話題はジャニーズの『嵐』の話になった。

ちょうど数週間前に、嵐が活動休止するとニュースでやっていた。

「嵐の中だったら誰が1番好き?」

「何の曲が1番好き?」

などなど。。

看護師さんといろいろ話をして、少し気が紛れた。

(看護師さん、、めっちゃ優しい。。)

すると…

「もう少ししたら歩くことになるから、靴下(弾性ストッキング)もう脱いでおこうか」

と看護師さんが言った。

弾性ストッキングを脱いだだけで、ものすごく解放された気分になった。

(足がスッキリした…!!)

履いていると、もう窮屈すぎて。。笑

もう履きたくない。。

病室でレントゲン撮影

少し時間が経つと、

レントゲンを撮るため、大きな機械を連れた検査技師の人が病室に入ってきた。

というか、機械がすごい大きすぎて病室に入るのがギリギリ。笑

(壁にぶつかりそうで、危ない。。笑)

寝た状態のまま、レントゲンを撮ることができるらしい。

背中に鉄の硬い板のようなものを入れて、体の位置確認などをする。

体を動かす度に激痛が走って、とにかく痛くて痛くて、大変だった。

何回か撮影を繰り返して、無事にレントゲンは終わった。

(痛い、痛い…こんな痛いのに、このあと歩けるかな…)

不安。。

大腸外科の回診

レントゲンが終わって少し休んでいると、

大腸外科の先生達がぞろぞろと病室に入ってきた。

(なんかいろんな人が病室に来るなぁ…)

その中には主治医もいて、知っている先生や知らない先生もたくさんいた。

相変わらずチャラ男先生はチャラチャラしていて、前の方にズカズカと入ってきた。

主治医とスキンヘッド先生は、何かお話をしている。

(顔も髪もグチャグチャだから、誰も来ないでほしい…)

今の自分の状態のひどさは、鏡を見ないでもなんとなくわかる。

私以外、誰もそんなこと気にしていないだろうけど…

先生達は、手術の傷やストマの確認をしたり、管の状態をチェックしていた。

数分後、先生達は病室の外へぞろぞろと出ていった。

当たり前なことができない辛さ

「病室から少し出て、早速歩いてみよう!」

と看護師さんが言ってきた。

(よし!なにがなんでも、絶対に歩いてやる…!)

どうして術後歩かなきゃいけないのか?

手術後、早い時期から立って歩くなど、
ベッドから離れて生活できるようになることを
早期離床という。

ベッドの上で過ごす時間が長くなると、
合併症が起こりやすくなる。

合併症を予防するために、
早期離床を目指すことは
とても重要なこと。

〜合併症の種類〜

足の静脈に血栓ができる深部静脈血栓症や
肺塞栓症、肺炎、筋力低下などなど。

看護師さんに支えられながら、まずは背中を起こしてみる。

すると…

頭からスーッと血の気が一気に引いていった。

気持ち悪くなって、吐きそう。

気が遠くなるような感覚。

(やばい。何これ。。)

ただ背中を起こしただけなのに、目の前がグラグラする。

やっぱり、そう簡単にはいかないみたいで。。

体がすごく重い。

(このままだとヤバイ…無理だ。。)

とりあえず一旦、また横になって休むことに。

そして…

また背中を起こしてみる。

やっとのことで、ベッドの脇に足を出して座ることができた。

でも、今すぐにでも倒れそう。。

ベッドに横になりたい。

(こんなに辛いなんて…まるで自分が自分じゃないみたい…)

だるさと吐き気を必死に抑えながら、ベッドの柵に手をかける。

信じられないくらい、力が全く出ない。

こんなに思うように体が動かないのは、人生で初めてだった。

いつも簡単に、当たり前にできていたことが、何ひとつできない。

悔しい。。

看護師さんに支えられながら、点滴スタンドに手をかける。

そして…

グッと足に力を入れて、その場で立ってみる。

(もう倒れそう…立っているだけなのに辛すぎる。。)

まるで地震が起きているかのように、目の前がグラついた。

手術した傷もすごく痛くて、なかなかその場から動くことができなかった。

(早く歩かないと、一般病棟に戻れない…)

不安と焦りばかり募る。

人生初めての車椅子

そこへ、看護師さんが車椅子を持ってきてくれた。

「辛かったら、いつでも座ってね」

と言ってくれた。

その場に立っただけでも、ものすごく辛くて倒れそうだったから、

一旦、車椅子に移動して座ることにした。

車椅子に乗るのは初めてだった。

(まさか22歳で、車椅子に乗るなんて想像もしていなかった…)

車椅子に座るのは、もっと先のことで、おばあちゃんになってからだと思っていた。

ちょっとショック。。

でも、早く良くなるためには、車椅子に座ってばかりじゃダメだと思った。

もう一度、歩こうと決意した。

(絶対、諦めない!頑張る…!!)

ウォーキング再挑戦

車椅子から立ち上がって、点滴スタンドに捕まり、

看護師さんに支えてもらいながら、一歩ずつ前に進んでみる。

重力で傷口が下にグーッと引っ張られているかのようで、すごく痛い。

(痛すぎる…吐きそうだし、体がだるすぎるし…)

なかなかスムーズに前に進めなかった。

傷口が痛すぎて、前屈みになってしまう。

まるで腰をやってしまった、おばあちゃんのような歩き方に。。

それでも、

頑張って一歩ずつ前に進んでいく。

HCUのベテラン看護師さん

大きな自動ドアを抜けて、やっと自分の病室から出ることができた。

(ほんのちょっとの距離だけなのに、こんなに時間かかるなんて…)

手術する前にHCU病棟を見に来たけど、その時とは風景が全然違うように思えた。

HCU病棟のナースステーションには、

HCU病棟で、入院している患者さんたちの様子が映されている映像モニターと、

心電図のモニターがあった。

(一般病棟と全然雰囲気が違う…)

自分の病室から出ると、数多くの看護師さんが忙しそうにしていた。

車椅子に座っている患者さんや、

自分と同じように、頑張って歩いている患者さんが数人いた。

(私以外にも、HCUで入院している人はこんなにいたんだ…)

廊下を少しずつ歩いていく。

すると…

HCU病棟のベテラン看護師さんが近づいてきた。

多分、ベテラン。笑

見た感じだけど。。笑

「頑張っているね!ちゃんと歩けてるじゃん!」

と言ってくれた。

(嬉しいぃぃ…痛いけど頑張ろう…)

怖そうな雰囲気の看護師さんだな、と最初は思ったけど、すごく優しい人だった。

早期離床に成功

傷口がずっしりと痛む。

痛すぎて、途中で何回か立ち止まったりしたけど、結構歩くことができた。

廊下を1往復してから、再び自分の病室へ戻ることができた。

病室に戻ってきたはいいものの、ベッドに横になるのも一苦労だった。

傷は痛すぎるし、

体には、たくさん管も繋がっていて、いちいち絡まってめんどくさい。。

まだまだ看護師さんがいないと、1人では何もできない。

早く元気になって退院したい。

(とりあえず結構歩けてよかった〜)

ホッと一安心した。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.20
『手術翌日の朝』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.21
『HCU病棟から一般病棟へ』

私の闘病日記vol.21〜大腸全摘編〜『HCU病棟から一般病棟へ』 今回は… 私の闘病日記vol.21 『HCU病棟から一般病棟へ』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読ん...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように