私の闘病日記

私の闘病日記vol.59『回腸嚢炎入院レポート【No.11】』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.59
『回腸嚢炎入院レポート【No.11】』

をみなさんにお話ししたいと思います。

前回のお話を読んでいない方はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私の闘病日記vol.58
『回腸嚢炎入院レポート【No.10】』

私の闘病日記vol.58『回腸嚢炎入院レポート【No.10】』 今回は… 私の闘病日記vol.58 『回腸嚢炎入院レポート【No.10】』 をみなさんにお話ししたいと思います。 前回のお話...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、

少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、

人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、

日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、

それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、

あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.59
『回腸嚢炎入院レポート【No.11】』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

身に覚えがある看護師さん

そして…

エレンタールによる吐き気と闘うこと、数時間。

ベッドで横になっていると、体がだんだん熱くなってくるのを感じた。

あぁ…

これ、絶対に熱あるじゃん。。

体温を測らなくてもわかるくらい。。

それに加えて、なんだか息もしづらしいような、そうでもないような…

苦しいような、そうでもないような…

どうして。。

私の体、今どうなってるんだろう…

それからも、そのまま苦しい時間は続き。。

窓の外を見ると、もう夕方になっていた。

早い。。

私、今日何もしてないじゃん…

って。笑

ただベッドの上でダラダラというか。。

吐き気と闘っていただけ。。

病室でひとり1日を振り返る。笑

すると、病室に看護師さんがやって来た。

日勤から夜勤の看護師さんに交代の時間になったみたいで。

「櫻根さん」

「今日の夜担当の◯◯です〜」

看護師さんが名前を言う。

あれ、、この看護師さん。。

名前に聞き覚えがある…

前に入院していた時もいたかもしれない。。

2回目の手術の時、一緒に手術室へ行った記憶が…

絶対そうだ。。

あとで聞いてみようか。。

でも、もし聞いたとして、違ったり覚えていなかったりしたら嫌だなぁ…

気まずいしなぁ。。笑

なんてぼんやり考える。。

もう今はそれどころじゃなくて、辛すぎて。笑

一体、この辛さはいつまで続くの…?

体温とサチュレーション

すると、

「エレンタール全部飲んだんですね〜」

と看護師さん。

それから、テキパキと体温やサチュレーション、血圧を測っていく。

ここでちょっと問題発生。

体温を計ってみると、

37.5℃

えぇぇえ…

もう声にならない。笑

自分で自分の体温を知ってビックリ。笑

まじかぁぁぁ…

この病院に入院した日から、1番最高の熱じゃないかよょ。。

記録更新。笑

どうしたよ、私の体よ。笑

ちょっと体が熱いから、もしかしたら少し熱あるかもなぁとは思ったけど、まさかここまで体温が高かったとは…

普通に熱じゃん。笑

発熱じゃん…!!

これって、エレンタールのせい…?笑

だって、エレンタールを飲む前は元気だったよ。。

どういうこっちゃ。

エレンタール効果やばくない…?笑

そして、SpO2(サチュレーション)の数値はというと…

96%

えぇ…

正常値ギリギリ…?笑

でも96%もあれば、特に問題はないと思うけど。。

そこで!!

SpO2(サチュレーション)について簡単にまとめてみました!

『SpO2(サチュレーション)』とは?

サチュレーションの正式名称は、経皮的動脈血酸素飽和度

動脈の赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合のこと。

パルスキシメーターを使って、皮膚を通して光の吸収度で測定、確認する。

パーセンテージで示され、正常値は安静時で99%~96%

90%を切ると、呼吸不全と定義される。

こんな感じかな。

もし間違っていたら、すみません!!

そんなこんなで、看護師さんはバイタルチェックを済ませて、病室をあとにした。

あぁ。。

吐き気と熱…

こんなに辛いの久しぶり。笑

ていうか私、吐き気と熱で入院したわけじゃ…

むしろ、入院する前の方が体調良かったような気が。。

いや!!

全ては、エレンタール!!

のせいにしたいところだけど、、

1番の原因は、やっぱり私がエレンタールを一気飲みしたのがことの発端。笑

自業自得。。

ってこういうことをいうのか。笑

トイレに行きたいけど、吐き気がひどくてトイレにさえ行けない。

もうどうしたらいいものか。

もう1回、病室に主治医来てくれないかな。。

やっぱり明日の朝までは来ないかな。。

そのまま病棟は消灯時間になって、病室全体が真っ暗になった。

窓の外のキラキラとした夜景を眺めていると、いつの間にか眠っていた。

外の世界

12月27日(水)。

入院4日目。

目が覚めると、朝の4時だった。

まだ4時かぁ。。

うろ覚えだけど、夜に何回か看護師さんが病室に来た気がする。

点滴の確認をしていたような…

看護師さん、、

夜勤も大変そうだなぁ。。

窓の外を見ると、夜景がとても綺麗で。。

ビルや街灯がキラキラしていて。

外の世界。。

今の私には、ほど遠い世界のように感じる。

入院しているとね、、

こんな風に感じちゃうよね。笑

なんで私だけ…

ってね。。

どうしようもなく辛いというか、悔しいというか。

ますます泣きたくなってくる。

そんなことを考えていると、またいつの間にか寝ていた。

採血とバイタルチェック

それからまた目が覚めると、あっという間に6時を過ぎていた。

すると…

病室の電気が一気についた。

うぉぉ、、まぶし。。

電気の眩しさに目が慣れるまで、少しの間じっと耐える。笑

寝たおかげなのか、吐き気も少しよくなった気がする。。

もちろん、熱も下がっているように感じた。

エレンタールを飲んでから時間が経てば、この症状は落ち着くみたいで。笑

いやいや、、

もうどういうこと…?笑

そんなことを考えていると、カーテンがゆっくりと開いた。

「櫻根さん〜」

「おはようございます〜」

と小声で言いながら、看護師さんが病室に入ってきた。

看護師さんの手元を見ると、、

持っている医療用バット(銀色の入れ物)の上に、注射針が何本かあるのを発見…!!

そうだった。。

そうだったよょょう。。

たしか、昨日の日勤担当の看護師さん、朝に採血あるよって言ってたな。。

あの時は、もう吐き気でそれどころじゃなかったから、すっかり忘れていた。笑

「じゃあ、採血していきますからね〜」

「えっと…今回は、ちょっと多めかな〜」

「6本取っていきますよ〜」

朝から6本…!!!

いや、、

朝から6本採ったら、貧血になるよ。。笑

まぁ、仕方ないか…

そして、無事に採血が終わり。。

バイタルチェックも済ませ…

もちろん、体調に異常なし!

熱も吐き気もなし!

たくさん寝て、すっかり元気。笑

「じゃあ、また後で来ますね〜」

と看護師さんは言って、病室をあとにした。

入院中の過ごし方

少しの間、ベッドの上でゆっくり過ごす。

何もすることがなくてね。。笑

みんな入院中って、何をして過ごしているの…?笑

やっぱりネットフリックスとか、アマプラとか?

それか、漫画読んだりとか?

あと、、何があるかな?笑

しかも今回に至っては、緊急入院だったから準備する余裕もなく。。

でも、スマホがあるから一応動画は見れるんだけど、病室に誰がいつ来るかとか、わからないから落ち着いて見られなくて。笑

イヤホンをしていて、主治医や看護師さん来たのに気づかなかったら、なんか気まずいというか。。

いや、もう私、気にしすぎ…?笑

カーテンの方ばかり気になっちゃって。。

誰がいつ来てもいいように、準備しておく、みたいな。笑

入院中は、こんな風に過ごしているよ!

って誰か教えてくれる人いたら、ぜひ教えてください。。笑

再びエレンタール

ベッドの上でぼーっとしていると、また看護師さんが病室にやって来た。

看護師さんは、

「お薬、ここに置いておきますね〜」

と言って、薬が入ったプラスチックの入れ物を机の上に置いた。

お薬は、変わらず3種類。

・ミヤBM(整腸剤)
・シプロキサン(抗生剤)
・フラジール(抗生剤)

この3つ。

そして、ここで最も聞きたくもなかった言葉が。。

看護師さんが、

「えっと…」

「今日も、エレンタールは出ているのかな…?」

「あぁ…出てるね〜」

と独り言のように呟いた。

マジデスカ…

またエレンタール飲まなきゃいけないの…?

絶対に具合悪くなるじゃん。

もう正直、無理よ。。

今!!

今、すっごい調子いいのに…!!

エレンタール飲んだら私…

死んじゃう!!!

すると、看護師さんは、

「エレンタール、何味が良いですか?」

とニコニコ笑顔で聞いてきた。笑

そして看護師さんは、続けて

「フレーバーは、全部で7種類くらいあって、、」

と言って、いろいろな味を紹介してくれた。

でも!!!

もうここは確実な方で!!

パイン味一択。笑

エレンタールは、パイン味に限る。笑

他の味で冒険してみてもいいんだけどさ…

だけど、確実に飲めるのがパイン味ってわかってるから、、

私は、ここで一切冒険はしません!!笑

私が、

「じゃあ…パイン味で!!」

と言うと、看護師さんは

「わかりました〜!」

「あとで持って来ますね!!」

と言った。

看護師さん、、

めっちゃノリノリじゃんかよょ…

テンション高めかよ。。

そして、看護師さんは病室をあとにした。

あぁぁぁぁあああ。。。

まじかぁ…

今日も、エレンタールを飲むことになるとは。。

もう勘弁してぇぇ…

あとでまた病室に看護師さんが来たら、聞いてみよう。。

・あと何回くらいエレンタールを飲むことになりそうなのか?

・それとも今回飲んだら、もう飲まなくてもいいのか?

聞いてみようと決心。笑

 

ということで、今回はここまで!

最後に

今回は、

私の闘病日記vol.59
『回腸嚢炎入院レポート【No.11】』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.60
『回腸嚢炎入院レポート【No.12】』

私の闘病日記vol.60『回腸嚢炎入院レポート【No.12】』 今回は… 私の闘病日記vol.60 『回腸嚢炎入院レポート【No.12】』 をみなさんにお話ししたいと思います。 前回のお話...

ぜひ、読んでね!!

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように