私の闘病日記

私の闘病日記vol.12『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.12
『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.11
『2泊3日の検査入院スタート』

私の闘病日記vol.11『2泊3日の検査入院スタート』 今回は… 私の闘病日記vol.11 『2泊3日の検査入院スタート』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.12
『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

病棟の朝

1月8日。

ついに、検査当日。

朝6時。

病棟の朝はとても早い。。

病室の電気がついて、朝になったことに気がついた。

(あ…そういえば私、入院してたんだっけ。。)

そう思うと、何だか朝から絶望的な気持ちになった。

どうしようもなく、帰りたい。

今すぐにでも帰りたい。

病院、、やっぱり大っ嫌いだ。。

窓の外の空は、まだ薄暗かった。

朝早くに起こされて、まだまだ眠かったけど、

だからといって、二度寝もできそうになかったから、

結局、そのまま起きることにした。

無事に検査が終われば、明日には帰れる。

そう、検査さえ、終われば…

(どうして、検査だけなのに入院になるの…本当、最悪…)

特に朝は、何もすることがない上に、何もする気にもならない。

入院している人は、みんな何をして過ごしているんだろう…

病棟内を散歩するとか。。

それか、

ネットフリックスとかアマプラで、映画とかアニメを観るとかかな。。

そんなことを考えながら、病室でひとりボーッとしていると、

カーテンが開いて、看護師さんがやって来た。

「これから血圧と熱を測っていきますね〜」

と看護士さんは言った。

テキパキと測っていく。

(病棟の朝って、こんな感じなんだ…)

これから手術の時も入院しなきゃいけないけど、慣れるのかな。

どんどん気分が落ち込んでいく。。

恐怖でいっぱいの心

そもそも造影CT検査で、

膵臓に何も異常が見つからなかったら、検査入院なんてしなくて済んだのに。。

どうして、膵臓に腫瘍なんてできちゃったんだろう…

そんなことを考えたって、現実は何も変わらないんだけどさ。。

膵臓に腫瘍ができるのは、家族性大腸腺腫症(FAP)と関係があるのかな。。

勉強もしていないから、全くわからない…

反省。。

でも、主治医は

家族性大腸腺腫症(FAP)とは関係ない、

みたいなことを言っていた気がするんだけど、、

大事なことなのに忘れちゃった。。

次、主治医に会った時、また聞いてみないと。笑

検査の結果、何も問題ないといいんだけどな。。

全ては結果で決まる。

手術で膵臓の腫瘍を取った方がいいのか、このまま取らなくてもいいのか。

どうか、手術にだけはなりませんように。。

今、私にできることといえば、ただ祈ることだけ。

いくら辛い検査を頑張ったとしても、

そこで何か悪いものが見つかれば、後には苦しみが待っている。

手術後には、きっと今、想像もできないくらいの痛みが待っているはず。。

怖い。

これからどうなるの、、私。

いや、もう未知の世界すぎて。。

考えれば考えるほど、どんどん恐怖によって、

次第に、心が真っ黒に染まっていった。

窓の外を見てみると、青空が広がってきて、だんだん空が明るくなってきた。

朝だ。。

まだ自分が、入院していることが信じられない。。

検査前は、食事をしてはいけないと説明があったから、

朝ご飯は食べることができない。

(朝ご飯、、私も食べたい。。笑)

点滴スタンドと共に

ナースステーションの方から、看護師さん達の話し声が聞こえてくる。

すると…

突然、病室のカーテンが開いた。

日勤担当の看護師さんがやって来た。

(いつ誰が病室に来るか分からないから、ビックリする…)

これって、慣れるのかな…?笑

急に誰かが病室に来ると、結構焦る。。笑

検査前に、点滴をしなきゃいけないとのことで、

日勤担当の看護師さんに、点滴ルートをとってもらう。

(注射痛い、痛い、、)

看護師さんが、点滴スタンドをベッドの横に持ってきた。

点滴スタンドが置かれると、病室が少し狭く感じた。

点滴とか点滴スタンドがあると、まさに『ザ・患者』って感じ。。

歩く時には、点滴スタンドと共に歩かなきゃいけない。

ガラガラガラ…

入院している人みんなが持っている、あの点滴スタンド。

パパもそうだった。

よく覚えてる。

あれを引いて歩いていると、一気に患者感が増す。。笑

まさに病人。。

まさか自分が、点滴スタンドを引いて歩く日が来るなんて、思ってもいなかった。

(もう病棟にいるだけで、具合が悪くなってくる…)

検査室へ移動

そして…

ついに、検査の順番が近くなったということで、検査室へ向かうことに。

「じゃあ、これから検査しに行きますからね〜」

と看護師さんから言われる。

点滴スタンドも連れて、看護師さんと一緒に内視鏡検査の待合室へと向かう。

どうやら、病棟から検査室に向かうときは、職員用のエレベーターを使うらしい。

薄暗くて、気味が悪くて、何だか寒気がする。

無機質な感じ。。

ここ夜、絶対に幽霊出そう。。笑

そして…

無事に、内視鏡検査の待合室に到着した。

そこには、外来で来た患者さんが数人いた。

(みんな外来か…検査が終わった後、家に帰れるのいいな…)

外来で来ている患者さんたちを見て、

とても羨ましい気持ちになった。

自分もますます家に帰りたくなった。

いっそのこと、このまま病院を抜け出して、家に帰ってしまおうか、、

そんなことを思っても、自分にはそんな勇気なんてない。

度胸もない。。

嫌で嫌で仕方ない。

病院の外の世界が、すごく羨ましく感じる。

まるで、外の世界が遠く感じるというか。。

病棟から一緒に来てくれた看護師さんと一旦、待合室でお別れする。

「また来るからね〜!!」

と言って、看護師さんは、病棟へ帰って行ってしまった。

検査が終わったら、また迎えに来てくれるとのことだった。

大量の喉の麻酔

ひとりで、検査の順番が回ってくるまで待っていると、

ついに…

検査室の看護師さんがやってきて、検査室へ案内された。

大腸内視鏡検査をした部屋とは、違う部屋に辿り着く。

そこには…

普通の内視鏡検査の時以上に、

いくつもの機械などの設備が整っていて、とても暗い部屋だった。

(ちょっといつもと雰囲気が違うから、緊張する…)

そのまま看護師さんに誘導されて、台に横になる。

胃カメラの時と同じように、口を開けて喉の麻酔をされた。

相変わらず、すごく苦い。。

これもしかしたら、歯医者で使う局所麻酔と一緒の種類かもしれない。。

歯医者で麻酔する時も、何だか苦いなぁ、と感じたことがあったし、

シュッシュする容器も、多分一緒な気がする!笑

違うかな?笑

ちょっとわかんないけど…笑

今回の検査で使う内視鏡器具は、

胃カメラの時よりも、少し太めの器具を使うらしくて、喉の麻酔は結構量が多めだった。

何度も何度も、口の中にシュッシュしてきて、、

(全部飲み込むのに、かなり時間かかるんだけど…)

口の中全体が苦くて苦くて。。笑

ゆっくり麻酔の薬を飲み込んでいくと、次第に喉の感覚がなくなっていく。

胃カメラの時と同じ。

なんだか息がしづらい。。

苦しい。。

(早く鎮静剤で眠らせて…!!!)

超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)

検査をしてくれると思われる、消化器内科の先生がそばに座っている。

だけど…

すごく偉そうな態度。。

あまり感じも良くない。。

(不安。。不安しかない…)

ちょっと苦手なタイプ。笑

「では、これから検査を始めていくのでね、よろしくお願いしますね」

と先生は言った。

そして…

そのまま全身に、鎮静剤が行き渡っていった。

体が下へ下へ沈んでいくような感覚に陥る。

(きたきた、この感じ。。)

だんだん目も開けていられなくなって、、

気づいたら、いつの間にか眠っていた。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.12
『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.13
『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』

私の闘病日記vol.13『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』 今回は… 私の闘病日記vol.13 『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回の...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように