私の闘病日記

私の闘病日記vol.13『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.13
『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.12
『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』

私の闘病日記vol.12『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』 今回は… 私の闘病日記vol.12 『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.13
『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

検査後の落とし穴

遠くの方から、私の名前を呼ぶ声が聞こえる。

(あれ。。もう、検査終わったんだ…)

まだ鎮静剤が効いていて、とにかく眠すぎる。

とても目が開けられるような状態ではなかった。

名前を呼ばれる中、何とか呼びかけに反応しようと思っても、

眠すぎて、眠すぎて…

またそのまま寝てしまった。

それから…

やっと鎮静剤の効果が切れ始めてきて、だんだん目が覚めてきた。

気付くと、私は病棟のベッドの上で横になっていた。

検査室から病棟までの移動中のことは、全くと言っていいほど覚えていない。

横を見ると、ママと兄が椅子に座って私を見ている。

(そんな心配そうな顔で見ないで…)

少しすると、鎮静剤は完全に切れてきて、目がはっきりと開くようになった。

窓の外を見ると、もう夕方になっていた。

早い。。

すると…

急に、吐き気と頭痛がひどくなってきた。

(なんで…頭痛すぎるし、吐きそう)

きっと鎮静剤のせい…?

でも、

いつも大腸内視鏡の時も、胃カメラの時も鎮静剤を使っていたけど、

こんなに吐き気がしたり、頭痛がしたりは今まで一度もなかった。

もしかしたら、いつもよりも鎮静剤の量が多かったのかもしれない。。

鎮静剤の量が増えると副作用的な、そういうのがあるのかはわからないけど…

全身麻酔だと、よく吐き気とか頭痛がする時もあるって聞いたことがあるけど、、

頭が痛い。

吐き気もひどくて、今すぐにでも吐きそう。

すると、

急に、ベッドの脇についている柵が窮屈に感じて、

蹴り飛ばしたくなって、急に暴れたくなった。

何だか、狭いところに、ずっと閉じ込められているような感覚。

辛い。

自分でもよくわかんない。

どんどん吐き気もひどくなっていく。

吐いたら、少し楽になれるだろうか。。

看護師さんが、吐き気止めを点滴から入れてくれたけど、全く効果がない。

飲み薬よりも、点滴の方が即効性があると思ったのに。。

息苦しくなって、落ち着かなくなって、泣きたくなった。

(あぁぁぁあ、、もう、どうしてこうなるの…!?)

もう帰りたい。。

すると、そこに、

主治医が病室に来てくれた。

でも、

頭痛と吐き気が辛すぎて、まともに話すことができなかった。

あまりにも苦しくて、何だか悔しくて、辛くて、主治医のことを睨んだ。

(こんなことになるなんて、聞いてない…)

(そこでじっとしてないで、何とかして…)

今となっては、申し訳ないことをしたなって。。

先生は悪くないのに、、

睨んでごめんね。笑

どうして、こんなに吐き気がするのか。。

何でこんなに辛いのか。

わけがわからない。

検査自体は、鎮静剤が効いていたから、痛いとか苦しいとかは何も感じなかった。

だけど、

検査のあとが辛すぎて。。

鎮静剤の副作用みたいな、原因不明の体調不良…

想定外。

頭痛と吐き気を我慢しながら、この日はそのまま寝た。。

地獄な入院からの解放

1月9日。

検査入院、最終日の朝6時。

病室の電気がついて、目の前が急に眩しくなる。

看護師さんが病室に入ってきて、採血をしに来た。

(こんな寝起きに、血を採るなんて…!!)

朝から注射なんて、まさに最悪な気分。。

勘弁して。。笑

今回の採血の結果によって、退院できるかどうか決まるとのことだった。

そのまま血液検査の結果が出るまで、待つことになった。

しばらく待っていると…

急にカーテンが開いて、昨日、検査をしてくれた消化器内科の先生が病室に入ってきた。

やっぱり感じ悪い。。笑

採血の結果は、何も問題はなく、今日退院できるとのことだった。

(よかった…本当によかった)

もうとにかく、1秒でも早く退院したかった。

朝ご飯を食べて、急いで退院の準備をして病院を出た。

久しぶりの外の空気。

(やっと外に出られた…外の世界、最高!!)

まるでさっきまで、違う世界にいたような感覚。

たった2泊3日だけなのに。。

何だか、1年くらい入院していたような。。笑

やっと解放された気分だった。

何もかもが久しぶりに感じた。

街並みも電車も、家も。

とにかく無事に退院できて、ホッと安心した。

あとは検査の結果。。

(悪い結果じゃないといいんだけど…)

そう祈りながら、検査結果の日まで過ごした。

膵臓の白い影の正体

結果前日の夜。

主治医から電話があった。

内容は、膵臓の検査結果についてだった。

癌ではなかった。

良くも悪くもない腫瘍とのことだった。

でも…

その腫瘍は、転移する可能性もあるから、手術をして切除した方がいいとのことだった。

(何それ…結局手術。もうどうにでもなればいい…)

癌ではなかった。

だけど…

絶望な気持ちでいっぱいになった。

癌ではなかったんだから、喜ぶべきかもしれない。

それでも、やっぱり素直には喜べなかった。

何も自覚症状もない。

本当に、膵臓に腫瘍なんかあるのか。。

腫瘍があるのも信じられないし、納得がいかなった。

膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断

検査結果当日。

ママと診察室に入ると、検査をしてくれた感じの悪い消化器内科の先生が座っていた。

検査の結果。

膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)

という腫瘍だと告げられた。

良くも悪くもない腫瘍。

膵頭部にある約1cmの小さい腫瘍。

比較的若い女性に発生しやすく、悪性度は低いらしい。

この腫瘍は、

稀に転移することがあるため、手術をして切除した方がいいとのことだった。

(やっぱり、、手術しなきゃいけないんだよね…)

診察室から出ると、ママが涙目になっていた。

(やばい…なんか言わなきゃ…)

「あ…でもさ!悪いものじゃないみたいだからよかったよね!」

そう言うと、少し笑顔に。。

もう頑張るしかない。

今更逃げられない。

耐えるしかない。

FAP、大腸癌、膵腫瘍。

これは何かの罰?

スキンヘッド先生

主治医の診察の日。

手術前の検査が、一通り全部終わった。

結果は、造影CT以外は何も問題無いとのことだった。

1回目の入院は、腹腔鏡下大腸全摘出手術と回腸人工肛門造設術。

2回目の入院は、回腸人工肛門閉鎖術と膵腫瘍核出術。

このように、2回に分けて手術をすることになった。

大腸に悪性のポリープが見つかった時は、2回も手術するなんて思ってもいなかった。

膵臓に腫瘍が見つからなかったとしても、

人工肛門閉鎖の手術もあるから、

結局、2回手術することに関しては変わらないんだけど。

ただ…

大腸の手術だけだったら、腹腔鏡手術で傷が小さく済んだのに、

膵臓に関しては、開腹手術だから結構、傷も大きく残ってしまう。

(仕方ないよね。。)

既に決まってしまったことだから、自分にはもうどうしようもできない。

すると主治医は、

「同じ大腸外科で、一緒に手術してもらう先生を紹介するので、

隣の診察室に移動してください」

と、言われて隣の診察室に移動する。

診察室に入ると、

体型がボテッとした、スキンヘッドの先生が足を広げて椅子に座っていた。

(この先生、ちょっと苦手なタイプかも…笑)

優しい雰囲気はあるけども。。

主治医もこっちの診察室に移動してきて、スキンヘッド先生を紹介された。

簡単に手術の説明を受けて、診察室を出た。

遣る瀬無い気持ち

22年間、共に生きてきた大腸とも、もうすぐお別れ。

自分の体から大腸が無くなるなんて、全く実感が湧かない。

それから、

入院の予約をしてから、家に帰った。

精神的に辛い日々が続いて、今までのことを思い返すことが多くなった。

今考えれば、色々な事があった。

初めてトイレで血便を見た時。

家族性大腸腺腫症(FAP)とわかった時。

一生付き合っていかなきゃいけない病気と言われた時。

大腸癌と診断された時。

膵臓に影があると言われた時。

膵臓に腫瘍があると言われた時。

入院して、手術しなきゃいけないと言われた時。

言われるたびに、やっぱりショックだった。

家族に悲しい思いもさせて…

信じられない気持ちと、信じたくない気持ち。

とにかく、病気や癌であることを受け入れたくなかったけど、

頑張るしかないんだと思った。

でも…

もう、正直、何を頑張ったらいいのかわからない。

今まで、自分の病気を軽く考えすぎていたのかもしれない。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.13
『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.14
『大腸全摘手術の入院スタート』

私の闘病日記vol.14〜大腸全摘編〜『大腸全摘手術の入院スタート』 今回は… 私の闘病日記vol.14 『大腸全摘手術の入院スタート』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように