私の闘病日記

私の闘病日記vol.11〜膵SPN診断編〜『2泊3日の検査入院スタート』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.11
『2泊3日の検査入院
スタート』

をみなさんにお話ししたいと思います。

前回のお話を読んでいない方はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私の闘病日記vol.10
『膵臓に写る白い影』

私の闘病日記vol.10〜膵SPN診断編〜『膵臓に写る白い影』 今回は… 私の闘病日記vol.10 『膵臓に写る白い影』 をみなさんにお話ししたいと思います。 前回のお話を読んでいない方は...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気に
かかってしまった方に向けて、
少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、
人生を生きていれば、誰もが
悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、
人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、
お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』を
してしまう人だっています。

何か、もう、
消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、
少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に
何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、
あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で
全部『摘出』してしまったので、
日常生活でも不便なことが多い。

病気がなくて健康な人は、
いいなぁ…

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、
大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、
それに体は元気だけど『心』に
何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、
『生きてる』ってことは、
本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、
あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.11
『2泊3日の検査入院
スタート』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

2泊3日の入院手続き

2019年1月7日。

検査入院当日。

朝は早く家を出て、病院へ向かった。

午前11時に、入院受付をすることになっていた。

もう何だか、すっごく憂鬱。。

入院手続きをするために、受付の人に書類を渡す。

呼ばれるまで、椅子に座って待つことになった。

まさかこの私が、、
入院することになるなんて…

入院という自分にとって非現実的な感じと、先の見えない不安から恐怖を通り過ぎて、変なワクワク感さえあった。

テスト前の変なテンション的な。。笑

すると…

思ったよりも早く呼ばれた。

「あなたが、入院するのは◯階です」

と、受付の人から今回入院する病棟を言われる。

事前に先生から言われていた階と違う階だった。

無事に入院手続きを終えて、病棟までの道のりを簡単に説明を受けた。

病棟の看護師さんに渡す書類などを手に持って、エレベーターに乗って入院する病棟へ向かった。

いざ、病棟へ!

エレベーターから降りた瞬間、自分が一気に病人になったように感じた。

病棟の中は外来エリアと、まるで雰囲気が違う。

何だか、どんよりとした雰囲気…

まさに病院って感じ。。

そのまま歩いてナースステーションへ向かうと、看護師さんがたくさんいた。

そのうちの1人の看護師さんが私に気がついて、こちらに向かって歩いてきた。

看護師さんに、

「今日から入院することになって…」

と伝えて、入院の書類を渡す。

すると…

ナースステーションの目の前にある椅子を指して、

「ここで座って待っていてくださいね」

と言われた。

周りをキョロキョロ見渡し落ち着かない中、少し待っていると担当の看護師さんが来た。

ナースステーションの前で身長と体重を測って、入院する病室を案内してくれた。

ドキドキ…

物件を紹介される時みたいな気分。笑

病室を案内されて入ると、そこは4人部屋の病室だった。

意外とキレイ…!!

部屋は思っていた以上にキレイで少し感動。笑

病棟全体も明るいから、幽霊は出なさそう…!

『入院』って聞くと幽霊が出るイメージだったから、少し安心した。笑

自分のベッドの位置は出入り口側で、窓側よりかは少しだけ暗く感じた。

病室の大きな窓から見える景色も、結構いい眺めだった。

無事に2泊3日終わるかな…

1分でも早く家に帰りたい…

ちゃんと夜、眠れるかな…

早く検査終わってほしいな…

頭の中でいろいろ考えた。

同じ病室のおばあちゃん2人が、会話している声が聞こえる。

会話の内容を聞いていると、ここの病棟に入院している人はみんな整形外科の患者さんだということがすぐにわかった。

たしかに、さっき松葉杖している人がいたな…

ここの病棟に入院している人は、内臓は元気なんだな…

いいなぁ。。

と、心の中で少し羨ましく思った。

整形外科で入院している人も、大変だとは思うんだけどさ。。

みんな元気そうで、、つい。。

何もすることもなく暇すぎて、ベッドの上でママとたわいもない話をする。

すると…

カーテンが開いて、この日の日勤担当の看護師さんが病室にやってきた。

採血をしたり血圧を測ったり、シャワーの予約をする。

そして…

今日から、2泊3日の検査入院についての説明を受けた。

病院食のカレー

看護師さんからの説明が一通り終わると、ちょうど昼食の時間だった。

病院食って何か嫌…

「ご飯を配膳するので、机の上は片付けておいてください」

と放送で流れた。

少し時間がたつと…

看護師さんが、カーテンを開けて部屋に入ってきた。

お昼ご飯を持ちながら、名前と生年月日を訪ねてくる。

検査の時もそうだったけど、病棟でも何かあるたびに、名前と生年月日を伝えなければいけないみたいで。。

なかなかまだ慣れない。笑

看護師さんが机の上にご飯を置く。

置かれたご飯を見てみると、この日のお昼はカレーだった。

病院食でカレー!?

ビックリ。笑

病院食でカレーが出るなんて、聞いたことない。笑

病院食って、もっとなんかこう、何ていうのかな、薄味っていうか、、

味がしないようなご飯だけが出るようなイメージだったから。

でも何だか食欲も全然ないし、食べる気にもなれない。

というか、食べたくない…デス。。

わがままばかりで申し訳ないけど。。

それに、病院食って、今まで一度も美味しそうと思ったことがない…

パパが入院していた時も、そうだった。

あまり鮮明には覚えてないんだけどね。。

お昼ご飯のカレー、、

全然食べる気になれない。

家でママが作ってくれるカレーが無性に食べたくなった。

もちろん病院では、ママの手作りカレーは出てこない。

でも、病院で出されたご飯はちゃんと食べないといけない…よね。。

そう思って、頑張って全部食べた。

なんとか完食…!!

味は思ったより薄くなくて、普通のカレーだった。

だけど、病院の雰囲気などもあって、あまり美味しいとは感じなかった。

もし、ファミレスとかで食べていたら、少しは美味しく感じたかもしれないけど…

私、自分で言うのもなんだけど、めっちゃわがまま。。笑

30分間のシャワー

この日は検査前日だから、必ずシャワーを浴びなきゃいけないことになっていた。

看護師さんから言われてて。。笑

事前に、お昼過ぎにシャワー室の予約していた。

早速、準備をして病棟内にあるシャワー室へ行く。

シャワーの
制限時間は30分。

しかも、ドライヤーの時間も含めて30分間。。

いやいや、、

短すぎるでしょ。。笑

そして、シャワー室に誰もいないことを確認して中へ入る。

病棟のシャワー室は、結構狭かった。

制限時間内に、速攻で入らなければいけない。

30分間だけで間に合うかな…

少し心配になった。

家以外のお風呂に、あまり入ったことがないから、落ち着いて入っていられない。

いつも夜にお風呂に入るから、お昼頃に入るのは、何だか変な感じだった。

急いで体と髪、顔を洗って、急いでドライヤーも終わらせて…

もう焦りすぎて、わちゃわちゃ。。笑

そして無事、病室に帰宅。笑

なんとか間に合った…

よかった。。

病棟の夜

窓の外を見ると、まだ明るかった。

今日は、もうこのまま家に帰れないんだ…

そう思うと、すごく寂しい気持ちになった。

今回は2泊3日の入院。

だけど手術の時の入院は、そう簡単には帰れないんだなと改めて思った。

この日は、もう特にやることはないから、病室でゆっくりすることにした。

ぼーっとして過ごしていると、あっという間に外もだんだん暗くなってきた。

そして…

ついにママが家に帰る時間になって、一緒に病室を出る。

エレベーター前まで、お見送りしに行った。

「じゃあ、また明日ね!」

そう言い合ってバイバイした。

病室に戻ると、ベッドにひとり。

一気に寂しさが込み上げてきた。

寂しい…!!

私も家に帰りたい…!!

ママと一緒に電車に乗って家に帰って、ご飯を食べて、、

自分のベッドで寝たい。。

入院、、もう最悪…

とにかく早くこの病院から出て、家に帰りたい。

それから、そのまま夜ご飯を食べて、のんびりしていると、あっという間に消灯時間になった。

病棟の消灯は、夜の9時。

いつもだったら、まだ夜の9時なんて、テレビでドラマを見てダラダラして…

ってそういう感じ。。笑

病室の電気は消えて、とうとう暗くなってしまった。

それと共に、気持ちも暗くなって、憂鬱な気分になった。

小さな窓から見える外のビルの景色。

空は暗くて、街灯の光がキラキラ光っている。

普通に外で歩いている人が羨ましい。

みんな家へ帰って、美味しいご飯を食べて、ゆっくりお風呂に入って、自分のベッドで寝る。

そんな当たり前のようなことが、すごく羨ましく感じた。

今までそんなこと思ったことないのに…

ベッドに横になって、天井を見つめながら考える。

早く退院するために、検査頑張るしかない…

検査が終わらないと、家には帰れない。

とにかく検査終わって、早く家に帰ろう…

その日は、そのままぐっすり眠ることができた。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.11
『2泊3日の検査入院
スタート』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.12
『超音波内視鏡下穿刺吸引法
(EUS-FNA)』

私の闘病日記vol.12〜膵SPN診断編〜『超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)』 今回は… 私の闘病日記vol.12 『超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように