私の闘病日記

私の闘病日記vol.14〜大腸全摘編〜『大腸全摘手術の入院スタート』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.14
『大腸全摘手術の入院スタート』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.13
『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』

私の闘病日記vol.13『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』 今回は… 私の闘病日記vol.13 『膵SPN(充実性偽乳頭状腫瘍)診断』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回の...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.14
『大腸全摘手術の入院スタート』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

入院当日の朝

2019年2月1日。

家で、朝ご飯を食べてから病院へ向かう。

この前、2泊3日の検査入院をした時、

病院の枕がぺったんこで、何となく、よく眠れない気がしたから、

今回は、いつも家で使っている枕を持参した。

大きくて、荷物が増えちゃうけど。笑

Myまくら、大事。。

やっぱり自分の枕が1番落ち着く。。

これでよく眠れるはず…

手術は未知の世界すぎて、変なドキドキ感が止まらないまま病院に到着した。

ついに入院スタート

腹腔鏡下大腸全摘術と回腸人工肛門造設術のため、

入院スタート。

入院1日目。

朝11時。

前回の検査入院の時と同じように、入院手続きを済ませた。

入院するのが、2回目ということもあって、手続きは比較的スムーズに終わった。

病棟専用のエレベーターに乗って、階数のボタンを押す。

点滴スタンドを持っている患者さん、お見舞いに来ている人。。

次々にエレベーターに乗ってくる。

そして…

自分の降りる階になって、エレベーターから降りる。

ナースステーションにいる看護師さんに声をかけると、少し待つように言われた。

それからしばらく待っていると、担当の看護師さんが来た。

ナースステーション前で、身長と体重を測り終えると、病室に案内された。

(ドキドキ…今度は窓側がいいな…)

すると…

そこは、4人部屋で自分のベッドは窓側にあった。

(やった…!!窓側!めっちゃ景色きれい〜)

今回は、病棟が10階ということもあって、

病室の大きな窓から見える外の景色は、とても綺麗だった。

前回の検査入院の時は、窓側じゃなくて、出入り口側だったし、

あまり景色とか見えなかったから。。笑

それから、

採血したり、血圧などを測ってもらった。

(暇、、暇すぎる…!!)

入院して早々、特にやることがなくて、、

目の前のベッドには、おばあちゃんが入院していた。

それが、もう、苦手なタイプのおばあちゃんでさ。。

何か事あるごとに、やけに話しかけてきて、、

ちょっと、、いや、結構しつこくて。笑

(早く退院したいわ…)

本格的な手術準備

少しベッドの上で休んでいると、だんだん眠くなってきた。

(眠いし、暇だし、、寝ようかな…)

ちゃんと家で寝てきたんだけどね。。笑

すると…

看護師さんが病室に来て、

「手術前で説明することがたくさんあって、

今日は、色々な人が病室に来るから、少し忙しくなるよ」

と言われた。

(説明?忙しい?誰が来るの…嫌だなぁ…)

まずは、レントゲンを撮ってこないといけないらしい。

病棟を出て、外来の方へ向かって、レントゲンを撮りに行く。

レントゲンは、病棟から行くのは初めてだった。

外来ゾーンに来ると、ちょっと肌寒かった。

外来の時とは違って、すれ違う人たちが羨ましく感じる。

(みんな、、家に帰れていいな…)

そう思い始めたら、何だかひとり虚しい気持ちになった。

今回は、どれくらいの期間、入院することになるんだろう…

検査入院の時とは違って、

何週間か入院しなければいけないのは、わかってるけど。。

とにかく家に帰りたくて、帰りたくて。。笑

そして、無事にレントゲンを撮り終わって、そのまま病棟へ戻る。

病室に戻ってきて、少しベッドで休もうかな、、

と思った時!!

病室のカーテンが開くと、看護師さんがやって来た。

「手術の後に必要なものがいくつかあるから、下の購買で買ってきて欲しいの」

必要なものは…

・紙おむつ
・腹帯
・尿とりパッド
・ガーゼ
・ストロー付きコップ

などなど…

手術前って、意外とめんどくさい。。

必要なものなどの説明を受けて、病院内にある購買へ行く。

(紙おむつとか、尿とりパッドとか…お年寄りじゃないんだから…)

(こんなのつけるなんて…何でこんなことに…)

ありえない。。

こんなの、、絶対ありえない…!!!

手術の後に、自分が紙おむつなどをつけているところを想像すると、

もう言葉にならないくらいの悲しみ、悔しさ、、

そして、やるせない気持ち。。

もう嫌なことばっかりで、本当に嫌になってくる。。

(なんでよ、、なんでこんな…)

どうしても、今の自分の状況を受け入れたくない。

感情だけが、まだ追いついていけていない中、購買から病棟に戻る。

HCU病棟のオリエンテーション

今度は、HCU病棟(高度治療室)のオリエンテーションと、

麻酔科医の先生から説明を受けることになった。

家族と一緒に、HCU病棟へ向かう。

暗い気持ちのまま、もう今からでも逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

そして…

看護師さんと合流して、HCU病棟を案内してもらう。

さっきまでいた一般病棟とは、ガラリと雰囲気が変わって、

いかにも、重症患者が入院するような感じが何とも言えなかった。

思わず、言葉を失う。

(何ここ、、手術の後、私はここに運ばれるんだ…)

空気が重苦しい。。

嫌だ。

怖い。

逃げたい。

このまま、どこか遠いところに行ってしまいたい…

なんて思っても、そんなの無理なことはわかってる。

大腸全摘の手術が終わったら、HCU病棟で1泊しなきゃいけない。

早くて手術の翌日に、一般病棟に移動できるとのことだった。

異常や合併症が無ければの話だけど。。

(どうしよ。。何か本当に、ヤバイことになってきた…)

(私、本当に手術するんだ…)

急に手術する実感が湧いてきて、足がすくんだ。

もう自分では、どうすることもできない。

諦めるしかない。

後戻りはできない。

HCU病棟の案内が終わって、麻酔科医の先生とお話をした。

麻酔は全身麻酔で手術すること、麻酔をする上でのリスクなどの説明を受けた。

『全身麻酔』とは

痛みをなくし、手術による身体への負担から患者を守る。

意識がなくなり、人工呼吸も必要になる。

麻酔中は、麻酔科の医師が患者さんの全身状態を監視して、必要な処置を行なう。

(全身麻酔、、リスクね…)

恐怖でいっぱいで、もはや何を説明されているのかもよく分からなかったし、

内容も全く頭に入ってこなかった。

手術に対する恐怖感が、時間と共にどんどん増していった。

ストマちゃんとの初絡み

夕方。

病室に戻ると、外はもう暗くなってきていた。

(もう夕方…なんかあっという間…)

大きな窓の外を見ると、夜景が綺麗だった。

街灯がキラキラしていて。。

自然とため息が出る。

手術の時間まで、刻一刻と近づいていく。

そして、

ストマ(人工肛門)専門の特別看護師さんが、病室にやって来た。

特別看護師さんのことを、家族の中で『ストマちゃん』と呼ぶことにした。

もちろん、本人には内緒。笑

気が強くて、少しお節介なストマちゃん。

怒ると結構怖そう…笑

ストマ(人工肛門)とは?

人工肛門とは、手術によってお腹に新しく作られた、便の排泄の出口のことを言います。

自分の腸を直接、お腹の外に出して、便の新しい排泄の管理になります。

私の場合は、大腸を全摘するので、回腸人工肛門になるとのことでした。

人工肛門って、、

すごい抵抗ある。。

(どうなっちゃうんだろう…私。。)

人工肛門の説明を受けると、

「じゃあ、次に会うのは手術後だから!じゃあね!」

とだけ私に伝えると、

忙しそうにして、病室から走って出て行ってしまった。

優しさに包まれたコーンスープ

夜。

主治医から、夜に手術の説明があると言われていた。

そこに、病室に看護師さんが来て、夜ご飯が運ばれてきた。

(今日の夜ご飯は、なんだろう〜〜)

蓋が閉まっていて、中身はわからないけど、どうやらスープ系みたい。

そして、

これから飲もうと、スプーンを手に持った瞬間…

タイミング悪く、主治医が病室に来てしまった。

(え!!どうしよう、もう来ちゃった。。)

すると…

「冷めちゃうと美味しくないから、手術の説明はご飯の後でいいですよ」

と先生は言った。

(でも先生きっと忙しいし、今せっかく来てくれたから悪いよね…)

と思い、

「夜ご飯は、手術の説明が終わってからで大丈夫です!」

と私が言う。

すると…

先生は、夜ご飯の中身が気になったらしくて、

「開けて、開けて」

と言ってきた。

(え…開け、て…?)

そのまま容器の蓋を開けると、中にはコーンスープが入っていた。

ちょっと薄めのコーンスープ。。笑

すると…

先生はまた、

「冷めちゃうと美味しくないから」

と言った。

先生にお礼を言って、ありがたく先にコーンスープを飲むことにした。

(先生、、優しい…!!)

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.14
『大腸全摘手術の入院スタート』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.15
『術前説明』

私の闘病日記vol.15〜大腸全摘編〜『術前説明』 今回は… 私の闘病日記vol.15 『術前説明』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいない方はこち...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように