私の闘病日記

私の闘病日記vol.15〜大腸全摘編〜『術前説明』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.15
『術前説明』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.14
『大腸全摘手術の入院スタート』

私の闘病日記vol.14〜大腸全摘編〜『大腸全摘手術の入院スタート』 今回は… 私の闘病日記vol.14 『大腸全摘手術の入院スタート』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.15
『術前説明』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

手術の同意と震える手

夜ご飯のコーンスープを飲み終えた。

それから数分後…

主治医が再び病室にやって来た。

「ここではなくて、別の部屋で説明します」

と言って、家族と小さな別室に移動した。

(なんか、、緊張してきた…)

・今回の手術の内容
・合併症のリスク
・術後の経過

などなど…

先生から手術の説明を受けて、何枚か同意書を書く。

同意書にサインをするとき、自分の手が少し震えた。

(どうして…手が、、)

手が震えて、うまく自分の名前が書けない。

本当は、こんなの同意なんかしたくない。。

手術なんてしたくない。。

主治医の説明の中で、

手術から、2週間程度で退院できることもわかった。

意外。笑

だって、もっと1ヶ月くらい入院しなきゃいけないと思ってたから。笑

結構、驚き。笑

そんなすぐに良くなるものなの?笑

だって、全部大腸を取って、人工肛門も作るんだよ?笑

大丈夫なのか。。

先生のことは、めっちゃ信頼しているけど。。

手術が終わってからも、定期的な検査が必要ということも言われた。

・わずかに残った大腸粘膜の内視鏡検査
・胃と十二指腸検査
・脳
・甲状腺エコー
・デスモイド腫瘍

などなど…

こんなに、定期的に検査をしなきゃいけないのかという気持ちよりも、

何種類もの検査を、定期的にしなきゃいけないくらい、

それくらい自分は、病気に罹りやすい体質なのかと思うと、

何だか悲しくなった。

手術前処置のニフレック

先生から、

「手術前日に、ニフレックという下剤を飲んで、

腸の中を空っぽにしなきゃいけないからね」

と言われた。

その瞬間…

もう一気に、全てが嫌になってしまった。

(出たよ、、次はニフレック…2リットル最悪だ。。)

(あぁ…もう嫌。絶対に、嫌!!)

絶望的。

頭の中、真っ白。。

まさか、今回の入院で下剤を飲むなんて、思ってもいなかったから。

でも…

先生は、

「2リットルの量を飲むのは、もうこれで最後だから…」

と言った。

大腸全摘した後の内視鏡検査は、2リットルも下剤を飲まなくてもできるとのことだった。

全く下剤を飲まなくても検査ができる、というわけでもないらしいんだけど。。

それでも、

2リットルの下剤を飲むのが今回で最後、と言われても、どうしても嫌だった。

2リットルを飲む辛さを知っているから。

大変だということがわかっているから。

苦しくて、辛くて、気持ち悪くて…

もう想像しただけでも、吐き気がしてくる。。笑

それに、

今までニフレックに関しては、1度も飲んだことがなかった。

ニフレックは、以前、兄が内視鏡検査をした時に飲んでいた。

匂いはレモン、味はゴムみたい。

と言っていた。。

ゴムの味ってどういうこと?笑

もうそれ、人間が飲むような飲み物じゃないでしょ。笑

意味わかんない!!笑

(実際に飲んだことないから、味も分からないし、、)

(それに、もし全部飲めなかったら…)

不安が一気に込み上げてきて、本気で逃げたくなった。

そんなこんなで、

無事に手術の説明が終わって、再び自分の病室に戻る。

もう外は真っ暗になっていた。

綺麗な夜景が窓いっぱいに広がっていた。

(本当、景色だけはいいんだから…)

気分はとても最悪。。

そして、

気づいたら、もうすぐ面会時間が過ぎる頃だった。

ママと兄は、家に帰ることになった。

病室から出て、廊下でバイバイして、ひとり寂しくベッドに戻った。

頭の中は手術のことよりも、下剤のことでいっぱいだった。

手術のことなんて、今はどうでもいい。

手術前日(明後日)のニフレックとの戦い。

(手術よりも嫌だ…)

(どうしてこんなことに…)

下剤がなければ、どれだけよかったか。。

何もかもが嫌になって、泣きたくなって、帰りたくて、、

(どうして私は、病気なの…?)

病気じゃない人が羨ましい。

健康な人が羨ましい。

つい数年前まで、病気とは無縁な人生で、私は健康体だったはずなのに。

(ありえない…本当にありえない…!!)

もう家に帰りたくて帰りたくて、仕方なかった。

無事に、手術を乗り越えられるだろうか。

私は、痛みや苦しみに耐えることができるだろうか。。

手術も、ニフレックも、痛いのも嫌だ。

今、自分に起きている状況、全てが嫌になった。

自然と涙がこぼれ落ちる。

大丈夫、大丈夫、

きっとなんとかなる。

そう自分に言い聞かせる。

(まさか、こんなことになるなんて…)

そのまま、ベッドから見える夜景を眺めながら、この日は眠りについた。

精神的に追い込まれる心

2019年2月2日。

入院2日目。

今日は、特にやることがなくて暇だった。

「明日は下剤飲む日で大変だから、今のうちにゆっくりしておいてね」

と看護師さんから言われた。

(明日のニフレック…すごく憂鬱…)

(早く、全てが終わってほしいな…)

そんなことばかり考えても、仕方ないんだけど。。

飲まなきゃいけないものは、もう飲むしかない。

もう諦め。。

しかも…

同じ病室のおばあちゃんが、やけにしつこく絡んでくる。

「〜でね、〜〜だったのよ。それでね…」

はぁ。。

しかも、何言ってるのかよくわかんないし、、

(本当、やめて…ひとりにさせて…)

そんなことを思うだけで、実際に言えるような勇気は私にはなく…

はっきり言えばいいだけの話なんだけどさ。。

もう心が、どんどん壊れていくような気がした。

気持ちに全然余裕がない…

そんな元気もない。。

いつまでも、イヤイヤ言っていても、現実は何も変わらない。

今までの検査も何とか乗り越えてきたし、きっと何とかなると信じて。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.15
『術前説明』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.16
『ニフレックとの激闘』

私の闘病日記vol.16〜大腸全摘編〜『ニフレックとの激闘』 今回は… 私の闘病日記vol.16 『ニフレックとの激闘』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいな...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように