私の闘病日記

私の闘病日記vol.18〜大腸全摘編〜『手術後の壮絶な痛み』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.18
『手術後の壮絶な痛み』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.17
『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』

私の闘病日記vol.17〜大腸全摘編〜『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』 今回は… 私の闘病日記vol.17 『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.18
『手術後の壮絶な痛み』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

手術直後

ざわざわ。。

周りが、やけに騒がしい。

少し目が覚めると、、

あれ…私、、今まで何してたんだっけ…?

ここがどこなのか。

自分が何をしていたのか。

状況が全く理解できなかった。

何だか、不思議な感覚。。

そして、やっと、

手術が終わったことに気がついた。

(あ…そうだ、口を大きく開けなきゃいけないんだっけ…)

そう思った時…

麻酔科の先生から、

「口を大きく開けて!!」

と言われて、急いで口を大きく開けた。

(これ本当に、何の意味があるんだろう…)

未だに謎。。笑

誰か知ってる人いる…?笑

いたら教えて〜!笑

微かに電気の光を感じられるくらいで、なかなか目が開かない。

周りの先生や、看護師さんみんなが慌ただしくしている、

ということだけが、何となく雰囲気でわかった。

止まらない寒気

手術室は暖かいのに、体はすっごく寒い。

死ぬほど体がブルブル震えた。

「寒い…寒い!!!」

必死に訴えた。

ちゃんと声に出して訴えていたのかは、この時のことはあまりよく覚えていない。

この時は、寒さが勝って、痛みは少ししか感じなかった。

(何で、何でこんなに寒いの…めっちゃ震える…)

少し時間が経つと、誰かが電気毛布をベッドに敷いてくれた。

そのおかげで、寒さが改善した。

HCU病棟へ

まだ意識ははっきりしていなかったけど、

自分が横になっている台が、ガタガタと揺れていたため、

HCU病棟に向かって移動していることは、はっきりとわかった。

手術が終わってから、HCU病棟に運ばれるまで、

所々は覚えているような気がするけど、あまり記憶がない。

完全に目が覚めたのは、HCU病棟に着いてからだった。

病室にかかっている時計を見ると、18時半。。

(もう夕方6時半…結構時間かかったな…)

手術は朝9時頃から始まって、HCU病棟に着いたのは18時半。

隣を見ると、ママと兄が椅子に座って私を見ていた。

他の病室からも、機械の音が響き渡っていた。

よく医療ドラマで聞く機械の音。。

病室は眩しいくらい明るく、やけに空間が広くて、前には大きな自動ドア。

自分の体には…

・酸素マスク
・痛み止めの点滴
・パルスオキシメーター
・動脈に刺された針
・尿、お尻の管
・ドレーン

などが繋がっていた。

想像を絶する痛み

驚くほど、全く体が動かない。

しかも…

痛い!!

痛すぎる。。

はるかに想像を超える痛み。

そして…

吐き気。

寝返りをしたくても、できない、もどかしさ。

とにかく、痛みがひどすぎて、全く眠れそうにもなかった。

次第に、吐き気もひどくなってくる。

(今、私の体の中はどうなってるんだろう…)

(とにかくマジで、本当に痛い!!震える…)

例えるなら、生理痛を何千倍も痛くしたような痛み。。

これ共感してくれる人いるかな?笑

痛み止めの点滴はしてるみたいだけど、

全くといっていいほど効いていないような。。

激痛。。

(ちょっと痛すぎない!?何これ…)

体を動かさなくても、もう息をするだけで、死にそうなくらい痛かった。

息をするだけで痛いなんて、、

そんな経験今までしたことないよ、本当に。笑

(この痛みは一体いつまで続くの…こんな痛くて寝れる?)

正直、腹腔鏡だから、そんなに痛くないだろうと思っていた。

完全、油断してた。笑

手術を甘く見るもんじゃないね。。笑

開腹手術よりも、腹腔鏡の方が痛くない的な…

実際に、主治医もそんなようなことを言っていたような、言っていなかったような。。

あまり覚えてないけど。笑

ということで、

ここからは、

『腹腔鏡手術』と『開腹手術』の

違いをまとめてみました!

『腹腔鏡』と『開腹手術』の違い

〜腹腔鏡手術〜

臍部(おへそ)の周囲から、
直径2~10 mmの内視鏡を腹腔内に挿入し、
テレビモニター上に映し出された映像を
見ながら手術を行う新しい術式。

皮膚切開創が開腹手術よりも少なく、
手術後の疼痛も開腹手術に比べて、
軽いのが特徴。

そのため、術後の回復が早く、
入院期間の短縮と早期に
社会復帰できることが最大の利点。

〜開腹手術〜

開腹手術とは、
お腹を大きく開けて行う方法。

メリットは、執刀医が患部を直接見て、
触った感覚を確認しながら治療が
進められるところ。

患部を広く見渡せるため、
出血などがあっても
すばやく対応することが可能。

こんな感じかな…

簡単にいうと、腹腔鏡手術の方が負担も小さく、

術後の回復も早いということです!

腹腔鏡手術でも、こんなに痛いのに、、

膵臓の手術の時は開腹手術だから、今から心配だ。。

私、耐えられるのだろうか…

開腹手術の方が、負担が大きい上に大変みたいです。。

痛みのレベル

すると…

HCU病棟の看護師さんから、

「痛みのレベル、10が最高だとして、今どれくらい?」

と聞いてきた。

声を出すのも辛い中、

「9か10…」

と答えると、看護師さんは、

「結構痛いんだね〜でも、女性の方が痛みに強いって言うからね!」

と。

(いやいや、、

女性の方が痛みに強いとしても、痛いもんは痛いから…!!)

(この痛み、、早くどうにかして!!)

まさに、暗い地獄の奥底にいるような気分。。

こんな痛い思いしたのは、初めてというくらい痛かった。

頬をつたう涙

ついさっきまで全身麻酔で寝ていたのに、

やけにまだ眠くて、あくびが止まらなかった。

何回もあくびを繰り返していたら、涙が酸素マスクに沿って頬を流れていった。

(泣いてるって、勘違いされちゃう…)

目の周りは、あくびで出る涙で濡れてるし、

髪の毛は、もう触らなくてもわかるくらい超グチャグチャ…

目やにも付いているし。

本当、顔が悲惨な状態。。

(絶対、顔やばいじゃん…誰も見ないで…)

本当、最悪すぎる。。

でも…

今はとにかく、痛みさえなくなってくれれば、それだけでいい。

進まない時計の針

腕と足を動かそうとしても、体がずっしりと重くて、

なかなか動かすことができない。

腕さえ、動かすのが難しい。

痛み止めの点滴さえしていれば、そんなに痛くないと油断していた。

パパも大腸癌で大腸全摘の手術をしたってママが言っていたけど、

パパもこんなに痛い思いをしていたのか、、

しかもパパの場合、腹腔鏡じゃなくて、開腹手術。

腹腔鏡よりも、きっと痛いはず…

(痛い…痛い、痛すぎる…)

時間が経つのが、ものすごく遅く感じる。

時計を見ても、針がちっとも動いていないように見える。

もしかして、時計が壊れているじゃないか…

こんな風に思うほど、時計の針が全然進んでくれない。

(体も全然動かせないし、このまま痛みと闘いながら夜を過ごすのか…)

そう思うと、すごく絶望的な気持ちになった。

それからも、ずっと強烈な痛みは引かず、

痛み止めの点滴も、全く効いている感じがしなかった。

医療用麻薬『モルヒネ』

ナースコールで看護師さんを呼んで、痛みについて相談してみると…

「そしたら、医療用麻薬使うか…」

(ま、麻薬…!?)

『麻薬』と聞いて、少しビックリ。。

でも、

これで少しでも楽になれるなら…

少しでも痛みが和らぐなら…

(これは、ぜひやってもらうしかない…!!)

「…お願い、します…」

医療用麻薬を持ってきてくれるまで、頑張って痛みに耐える。

ただ、

それからずっと待っていても、看護師さんは、なかなか病室に来なくて。。

(遅いよ…看護師さん、早く来て!!)

看護師さんに医療用麻薬を頼んでから、持ってきてくれるまでがすごく時間がかかった。

痛いから早くしてほしいのに、、

看護師さんが、病室に戻ってくる気配が全くない。

(主治医に許可をもらったりしているのかな、早くして…)

痛みに耐えるだけで、もう必死。。

じっとしていても、悶絶寸前の痛み。

それからしばらく経って…

やっと看護師さんが病室に戻ってきた。

すぐに、医療用麻薬を入れてもらう。

たしか使ってもらった医療用麻薬『モルヒネ』だったかな?

あまり覚えてはいないんだけど。。

すると…

数分後。

何だか、頭がボーッとしてきて、だんだん眠くなってきた。

(麻薬のおかげか、痛みも少し和らいできた気がする…)

医療用麻薬ってこんな感じなのかな…?

麻薬が効き始めた頃、ママと兄は家に帰ることに。

軽く会話をして、バイバイした。

(痛すぎるし、私も家に帰りたい、、もう嫌…)

この時は、とにかく少しでも楽になりたかった。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.18
『手術後の壮絶な痛み』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.19
『HCU病棟で過ごす夜』

私の闘病日記vol.19〜大腸全摘編〜『HCU病棟で過ごす夜』 今回は… 私の闘病日記vol.19 『HCU病棟で過ごす夜』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでい...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように