私の闘病日記

私の闘病日記vol.19〜大腸全摘編〜『HCU病棟で過ごす夜』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.19
『HCU病棟で過ごす夜』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.18
『手術後の壮絶な痛み』

私の闘病日記vol.18〜大腸全摘編〜『手術後の壮絶な痛み』 今回は… 私の闘病日記vol.18 『手術後の壮絶な痛み』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいな...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.19
『HCU病棟で過ごす夜』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

長い夜の始まり

そして、

とうとう夜になった。

看護師さんが、

「もう夜だから、電気を消しますね〜」

と言いに来ると、病室が真っ暗になった。

一晩中、頭の上を流れる機械の音と、微かに点滅する機械の光。

何だか寂しい。

(めっちゃ重症じゃん…今の私。。)

こんな状態になるなんて、思ってもいなかった。

というか、

何とかなるでしょ!

手術の後は、痛いかもしれないけど、

ちゃんと痛み止めやってもらえれば大丈夫っしょ!

っていう感じで、、

軽く考えていた。

他人事にしか考えてなかったから…

どうしても、今の状況を受け入れたくなくて。。

体を動かせないどころか、手や足すら動かすことができない。

ビックリするくらい、体中、力が入らない。

じっとしていることしかできなかった。

仕方ないけど…

病室にやってきた主治医

それから少し時間が経つと、病室のドアが開く音が聞こえた。

病室に入ってきたのは、主治医だった。

「痛かったら、看護師さんに痛み止めやってもらってね」

(先生…痛み止めやってもらってるけど、すごく痛いんだけど…)

本当はそう言いたかったけど、声が出なかったから、

うん、、と静かに頷いた。

そして…

そのまま先生は病室を後にした。

(先生、相変わらず忙しそうだな…)

それから時間が経っても、全然、眠れなかった。

家だったら、いつも速攻で寝られるのに。。

ベッドに入ってから、5分以内にはいつも眠れてるのよ。笑

早く、退院して家に帰りたい。

今、こんな状態で2週間後くらいには、ちゃんと退院できるんだろうか…

騒がしいラジオ

すると、

看護師さんが病室に入ってきて、

「ラジオあるから流してあげるね」

と言われて、ラジオを流してもらった。

でも…

これが結構、うるさくて。。笑

病室がラジオのせいでガヤガヤしている。

これじゃ、絶対に寝られない!!

例え、体が元気な状態だとしても、絶対に寝られない自信ある!!笑

本当に、、うるさすぎて…笑

申し訳ないけど看護師さんに頼んで、すぐに消してもらった。

(せっかくラジオ流してくれたのに、悪いことしちゃったかな…)

まぁ、仕方ないよね!笑

今は、とにかく目を瞑って、寝ることに集中しないと…

信じられない現実

それでも、いくら寝よう寝ようと思っても、なかなか眠れない。

こういう時ってそうなんだよね。。

暗い病室で考える。

手術はしたんだろうなとは思う。

こんなに痛いんだから。。

でも…

本当に自分の体の中から、大腸が無くなったなんて信じられなかった。

(本当に大腸は無くなったの…?)

(私の大腸は今どこにあるの…?)

いまだに信じられないし、感情がついていけない。

22年間ずっと体の中にあったものが、無くなった感じが全くしなかった。

これが現実なのかも、よくわからない。

何だか不思議な感じ。。

痛くて、それに、すごく暇だし、、

だからと言って、スマホで何か動画を見るとかもできそうにもないし。。

お願いだから早く治ってくれ…私の体。。

床ずれ対策

ずっと仰向けで寝ていたら、だんだん腰が痛くなってきた。

(やばい…体が全く動かないから、どうしようもできない…)

ちょうど看護師さんが病室に入ってきて、

「ちょっと腰が痛くて…」

と伝える。

すると、

「床ずれになったら大変だから、、」

と看護師さんは言うと、

背中にクッションを入れてくれた。

そして、体の向きも変えてもらった。

『床ずれ』とは

ということで、ここからは…

『床ずれ』についてまとめたので、よかったら見てください!

『床ずれ』とは〜

褥瘡(じょくそう)ともいう。

同じ姿勢で寝たきりになるなど、
皮膚が床に接して圧迫されることで生じるもの。

圧迫を受けた部位が赤くなり、
水疱(すいほう)紫斑(しはん)が現れる。

床ずれがひどくなると、
皮膚の下にポケット(空洞)をつくったり、
細菌感染して、膿が出ることもある。

褥瘡の多くは、長期臥床が原因。

早い場合は、
2時間同じ場所を圧迫していると
褥瘡は発生するので、
長時間の手術後などでも見られます。

調べたところ、こんな感じかな?

もし、間違えていたらごめんなさい!笑

体のだるさと高熱

体を動かす時、傷が本当に痛くて痛くて、、

お腹の中に、ずっしりとした重りのような、

大きな石みたいなものが入っているような感覚。

でも、体の向きを変えてもらったことで、だいぶ体が楽になった。

(楽にはなったけど、体がすごく重だるい…)

寝ている状態でも、すごく体がだるいのがわかる。

これ、絶対に起き上がったら大変なことになる。。

きっと倒れるどころじゃない。

意識失う、、きっと。笑

恐ろしい。。笑

それから、頻繁に血圧と体温を測った。

体温は、39度〜40度もあった。

(やば。。めっちゃ熱出てるじゃん…)

高熱で頭がボーッとする。

だんだん意識が遠のいていくような感覚。。

息をするのも辛い。

そして…

痛みがある中、いつの間にか寝ていた。

不思議と痛みが消える

目が覚めると…

まだ病室は真っ暗だった。

時計を見ると、ちょうど夜の0時だった。

(まだ夜か…早く朝にならないかな…)

すると…

少し寝たからなのか、

いや、そんなわけないかもしれないけど、、

不思議とほとんど痛みが消えていた…!!

(え…!!なんで!あまり痛くない!)

(動くとやっぱり少しは痛いけど、じっとしてると全然痛くない…!)

そんなことってある…?笑

自分でもよくわかんない。笑

さっきまで死ぬほど痛かったのに。

謎すぎて、、笑

寝たらなぜか、、全然痛くない…

でも、少しでも動けば、やっぱり痛いは痛い。。

そのまま大人しく、ベッドに横になっているだけだったら、全然痛みは感じなかった。

(今は、じっとしているに限る…!!)

なかなか眠れない夜

でも…

まだまだ夜はこれから。。

朝になるまで長すぎる。

時計の針も、驚くほど全然進まない。

(早く朝になってほしいな…)

(さっさと早く治して退院したい!)

時間が経つのをひたすら待つ。

朝になって、早く歩いて、きつい弾性ストッキングも脱いで、

窮屈な状態から少しでも早く解放されたかった。

だいぶ痛みが和らいだから、この調子なら歩ける自信があった。

本当、さっきまでと大違いすぎて、自分でもびっくり…笑

そのまま夜は、寝たり起きたりを繰り返してHCU病棟での夜を過ごした。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.19
『HCU病棟で過ごす夜』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.20
『手術翌日の朝』

私の闘病日記vol.20〜大腸全摘編〜『手術翌日の朝』 今回は… 私の闘病日記vol.20 『手術翌日の朝』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいない方は...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように