私の闘病日記

私の闘病日記vol.17〜大腸全摘編〜『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.17
『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.16
『ニフレックとの激闘』

私の闘病日記vol.16〜大腸全摘編〜『ニフレックとの激闘』 今回は… 私の闘病日記vol.16 『ニフレックとの激闘』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいな...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.17
『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

手術当日の朝

2019年2月4日。

手術当日。

朝6時。

とうとうこの日がやってきた。

まだまだと思っていたけど、、

朝起きると、

まだまだ入院生活に慣れていないせいか、

目が覚めた時に、

家じゃないのか…

と気付いた瞬間の絶望感は、凄まじいほどだった。

今日は、頑張るしかない。

生きるために。。

手術前準備

すると、

看護師さんが病室にやって来た。

「朝もアルジネードウォーターを飲まなきゃいけないから、もう渡しとくね〜」

と言われて、1本のアルジネードウォーターを渡された。

(また飲まなきゃいけないの…しかも寝起きに…)

そして、

看護師さんは、

「あと、血栓予防の弾性ストッキングも渡しとくね」

(血栓…?弾性ストッキング…?)

(よく分からないけど、まぁいっか)

渡されたものを机に置いて、早速アルジネードウォーターを飲んだ。

ゴクゴク…。。

少し冷えていたから、だいぶ飲みやすかった。

量が少ないから、早く飲み終えることができた。

それから何もすることもなく、ただ時間が過ぎるのを待った。

暇すぎて、、

だからといって、何かをする気にもなれないし。

ただひたすら、ボーッとして時間が過ぎるのを待つ。

すると、

再び、看護師さんが病室にやって来た。

血圧と体温を測ってもらうと、

「手術室に行くのは8時半だから、それまではゆっくりしててね」

と伝えられた。

(ゆっくりと言われても、、全然落ち着かないんですけど…)

そう思いながらも、ベッドでゴロゴロしたり、

スマホで、SNSを見ながら時間が経つのを待った。

すると、

ママと兄が病室に来てくれた。

時間になるまで、世間話をしていると、朝食の時間になった。

私は食べられないけど。笑

病室に、ご飯の匂いが漂っている。。

(みんなご飯か…いいなぁ)

一体、手術してから何日くらいで、ご飯食べられるようになるんだろう。。

何もわからない。

そして、

手術室の移動時間が近づいてきて、看護師さんから渡された弾性ストッキングを履いた。

長さが膝下まであって、少しキツくて履きづらかった。

例えるなら、メディキュットみたいな感じ。。

(キツいし早く脱ぎたい…)

手術室へ移動

朝8時半。

手術室に移動する時間になった。

(ついに…ついにこの時がきた…!!!)

ママと兄、看護師さんと一緒に歩いて手術室へ向かうことになった。

病室から出て、エレベーターに乗って、、

ついに、手術室前に到着。

「家族の方とは、ここでお別れです」

と看護師さんから言われる。

「じゃあね〜!!」

と手を振ってバイバイした。

”元気よく、笑顔で”を心がける。

看護師さんと一緒に入ると…

奥の方まで手術室が、何部屋も並んでいた。

手術室の部屋ごとに、扉に番号が書かれている。

(何番の部屋で手術するんだろう…)

すると、

看護師さんから、帽子(紙製のような緑色の帽子)を渡された。

多分、ドラマとかで、きっとみんな見たことあると思う。

「手術室では、この帽子を被らないといけないから…」

そう言われて、髪の毛が1本も出ないようにしっかりと帽子を被る。

これ結構めんどくさい。笑

髪の毛がポロポロ出てきてしまう。

周りを見ると、自分以外にも手術する患者さんは数人いた。

(私の他にも、今日手術する人がこんなにいるんだ…)

(手術を受ける人が毎回こんなにいると、先生は大変だな…)

そして、

看護師さんに呼ばれて、手術室に案内してもらう。

結構、奥の方まで歩いていく。

(なんかすごい緊張してきた…帰りたい。。)

初めての手術室

そして…

ついに、手術室に到着。

手術室の扉が開くと、中には手術着を着た人がたくさんいた。

(思っていたよりも広くて、結構明るい…)

自分が想像していた手術室とは、少し違う印象を受けた。

よく医療ドラマで見る手術室は、暗くて少し狭くて、、

とにかく暗いイメージだった。

そう思うのは私だけかな…?笑

手術着を着た先生から、小さい椅子に座るように促される。

すると…

・名前
・生年月日
・手術の内容
・麻酔の方法

などなど…

細かく聞かれる。

多分、本人確認のため。。

名前、生年月日、腹腔鏡下大腸全摘手術、回腸人工肛門造設術、全身麻酔…

と伝える。

手術室の先生たちは、とても優しかった。

何だか意外とフレンドリーな感じで。笑

点滴のルート確保

本人確認が終わると、手術台に案内される。

手術台に横になると、台が温かくなっていて背中がポカポカした。

自分の頭の周りには、心電図モニターが3つ程並んでいた。

(なんか、すごい本格的…)

当たり前だけど。。笑

左側の壁を見ると…

手術の経過時間を測るための機械なのか、

ストップウォッチみたいに1、2、3…と秒数が増えていく。

(よくドラマで見るやつだ…!!)

私、、ドラマの見過ぎか…笑

血圧計や心電図のモニターや、人差し指の爪先にパルスオキシメーターを付ける。

そして、

点滴のルートをとる準備をする。

腕に点滴をするのかと思ったら、手の甲に注射針を。。

(え…腕じゃなくて手の甲に刺すの…!?)

手の甲に刺すことにちょっとビックリ。。

(きっと何回か刺されるんだろうな…)

私、血管が細いから。。

点滴のルートをとるのに、今まで一発で成功することがなかなか無いから、

少し不安。。

すると、

「あれ…うーん…だめ、、か。。」

と注射針を抜いてみたり、また入れたりを繰り返して、、

これすっごく痛いのよ。笑

何だか気持ち悪くなりそうなのを必死で堪える。

(お願いだから、早く終わって…!!)

案の定、予想通り。。

先生も一生懸命やってくれているけど、何回も刺されてすごく痛い…

手の甲に刺して、腕にも刺して…

何回繰り返したんだろう。。

結局、最終的に手の甲で成功。。笑

(手術する前から疲れた…痛かったなぁ)

注射針を刺したところ、内出血で絶対に青くなりそう。。

点滴のルートをとるのに、すごく時間がかかってしまった。

手術室に8時半過ぎに入ったのに、時計を見るともう9時近くになっていた。

いやいや、、かかりすぎだって。。笑

時間がかかりすぎて、周りの先生や看護師さん達が少しざわついていた。

主治医登場

すると、そこに

手術室に主治医が入って来た。

軽く挨拶を交わす。

(先生…もう帰りたいょ…)

そして、

ついに、手術の準備が整った。

全身麻酔が始まる。

麻酔科の先生から、

「手術が終わって目が覚めたら、口を大きく開けるのを忘れないでね」

と言われた。

(口を大きく…なんで?)

何の意味があるんだろう。。

これの意味、知っている人いる?笑

少し疑問に思ったけど、言われた通り忘れないようにしようと思った。

手術が終わった後、忘れてなければいいんだけど。。笑

腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術

そして、

酸素マスクを口に持っていかれる。

(酸素マスク、、初めてつけたかもしれない…)

何だか、、今の私、めっちゃ病人…

マスクからは、微かに風が出ていた。

出てくる風が地味に苦しい。笑

(私、これからどうなっちゃうんだろう。。)

そう考えた瞬間、一気に不安な気持ちでいっぱいになった。

怖い。

なんか、すごい怖くなってきた。

(目が覚めた後、私は、一体どんな風になっているんだろう…)

手術台がポカポカ温かくて、だんだん眠くなってきた。

いや。違う。。

きっと全身麻酔が効き始めたんだ。

眠くてあくびをしたせいなのか、不安のせいなのか。

勝手に涙が溢れ出てきて、目の前の景色がぼやけてきた。

涙が頬をつたっていく。

(誰か、、助けて。。)

麻酔科の先生から、

「息を吸って、吐いてを繰り返してね」

と言われた。

すると…

だんだん、目が開けていられなくなるくらい眠くなってきた。

内視鏡検査をする時と同じように。

自分の体が下へ下へ沈んでいくような、眠くなっていくような、あの感じ。。

(次に目が覚めた時には、もう大腸ないんだ…)

そう思いながら、そっと眠りについた。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.17
『腹腔鏡下大腸全摘術・回腸人工肛門造設術』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.18
『手術後の壮絶な痛み』

私の闘病日記vol.18〜大腸全摘編〜『手術後の壮絶な痛み』 今回は… 私の闘病日記vol.18 『手術後の壮絶な痛み』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいな...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように