私の闘病日記

私の闘病日記vol.23〜大腸全摘編〜『ストマパウチ交換』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.23
『ストマパウチ交換』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.22
『術後のレントゲン撮影』

私の闘病日記vol.22〜大腸全摘編〜『術後のレントゲン撮影』 今回は… 私の闘病日記vol.22 『術後のレントゲン撮影』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでい...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.23
『ストマパウチ交換』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

夜の病棟散歩

夜、なかなか眠ることができなかった。

すると…

夜勤担当の看護師さんが、夜の見回りのため病室にやって来た。

私が起きているのを見つけると、

「あれ…眠れないの?」

と声をかけてきた。

「なんか全然眠れなくて…」

と看護師さんに伝えると、

「ちょっとだけ一緒に、夜の病棟を散歩しようか」

と言ってくれた。

(優しすぎる…けどなんか申し訳ない…)

管や点滴を看護師さんに整えてもらって、一緒に病室を出る。

病室から一歩出ると、昼間よりも薄暗くて病棟は静まりかえっていた。

いつも賑わっているナースステーションも、

看護師さんは、数人しかいなくて少し寂しい雰囲気だった。

(夜の病棟って、こんな感じなんだ…!!)

夜の病棟散歩は、何だか特別感がある。

もちろん、周りに患者さんは誰ひとりいない。

一緒に歩いてくれている看護師さんと、たくさん何気ない会話をした。

普通が1番幸せ

そして、

看護師さんは仕事に戻ることになって、

私は、少しの間ナースステーション前にある小さいソファで休むことにした。

大きい窓から見える夜景を見ながら、ぼーっとする。

夜景がキラキラ光っていて、綺麗だった。

(早く家に帰りたい…)

(みんなと同じように普通の生活がしたい…)

普通に過ごせることが1番幸せ。

健康以上に幸せなことなんてない。

健康第一。

そんなこと昔から知っている。

知っていたけど、自分が癌になってからは、

健康ということがどれだけ大事なことなのか、すごく痛感したというか。。

健康に過ごせていることは、当たり前なんかじゃない。

すごく幸せなことなんだなって。。

そんなことを頭の中でグルグル考えていると、だんだん眠くなってきた。

看護師さんに、

「そろそろ眠れそうだから、病室に戻ろうかな…」

と伝えて一緒に病室に戻る。

看護師さんにお礼を言って、寝る準備をした。

睡眠薬の使用

でも…

さっきまで眠れそうと思っていたのに、やっぱり全然眠れなかった。

(ヤバイ…このままじゃ朝になっちゃう…)

すると、

また看護師さんが病室に来た。

「もし眠れないようなら、睡眠薬入れようか?」

と言われた。

(睡眠、、薬…?)

このままだと、朝になってしまう。

時間が経っても、このまま眠れそうになかったから、睡眠薬を入れてもらうことした。

少し待っていると、看護師さんが病室に戻ってきた。

手元を見ると、注射類が乗ったトレーを持っていた。

点滴から、睡眠薬を少しづつ入れていく。

睡眠薬が入ると…

眠くなってきたような、そうでもないような、、

何とも微妙な感じ。。笑

看護師さんは、

「立ち上がるとフラフラして危ないから、トイレ行く時はナースコールで呼んでね」

と言って、ナースステーションへ帰っていった。

でも、

それから時間が経っても、なかなか眠ることができなかった。

(そんなすぐには効かないのかな…)

何も考えないように、目を瞑ってみたり、、

ベッドの上で羊を数えたり。。笑

眠れるように頑張ったけど、結局眠れなかった。

睡眠薬の効果

トイレに行きたくなって、ナースコールを押そうと思ったけど、

わざわざ看護師さんを呼んで、また病室に来てもらうのはさすがに申し訳ない。。

しかも、

全然眠くないし、ボーッとしているわけでもないから、

別に1人でも行けるだろうと思い、トイレに行く準備をする。

(睡眠薬を入れてもらったけど、全然楽勝だ…!!)

ベッドの脇に座って、立ち上がる。

すると…

自分でもビックリするくらい、体がフラフラしてその場に倒れそうになった。

(ヤバイ…!!)

看護師さんの言った通り、フラフラして危なかった。

そのまま静かにベッドに横になる。

(やっぱり睡眠薬効いてるんだ…危なかった…)

そして、

ナースコールを押して、看護師さんが病室に来るのを大人しく待つことにした。

看護師さんはすぐに病室に来てくれて、無事にトイレを済ませることができた。

それから、

ボーッと天井を見ながら考え事をしていると、気付いた時にはもう朝になっていた。

痛々しい手術の傷

手術から4日後。

この日、初めて自分でストマのパウチを交換する日。

手術の傷跡が痛々しい。。

傷をじっくり見たのは、この日が初めてだった。

横に小さく切られた5つの傷。

ストマの位置に切られた少し大きめの傷。

(手術の傷って、こんな感じなんだ…)

今回は、腹腔鏡手術だったから、そんなに傷がすごい目立つというわけではなかった。

でも、それでも傷は傷。。

次回の手術に関しては、開腹手術…

お腹が傷だらけになっちゃいそうで、、

怖い。。

(私、本当に手術したんだなぁ…)

改めて実感した。

初めてのパウチ交換

ストマのパウチを交換する上で、必要な道具一式を机の上に置いていく。

それぞれの道具の使い方を、特別看護師のストマちゃんから教えてもらう。

ストマちゃんから、

「私はスパルタだからね!」

「教えたあとは、できるまで手は貸さないから!」

とかとか。。

自称スパルタ。笑

いろいろ言われたけど、気にしない気にしない。。

そして、机の上には…

・ストマパウチ(センシュラ1イレオXproプラス)
・面板を剥がすリムーバー
・清浄クリーム(リモイスクレンズ)
・TREシール
・専用のハサミ
・ガーゼ
・粉状皮膚保護材

などなど…

(こんなに使う物あるの…大変そう。。)

たくさん使うものがあって、頭が混乱しそうになった。

もっと簡単にできるものだと思っていた。

ストマのパウチに関しては、他にもたくさん種類があるみたいで、

ストマちゃんオススメのパウチを、いろいろこれから試していくことになった。

自分の体に合ったパウチが見つかるといいね、とのことだった。

とりあえず最初のパウチは『センシュラ1イレオXproプラス』。

その次に試すのが『センシュラミオ1』。

このパウチ使っている人いるかな?

どちらも『コロプラスト』という、ストマ用品メーカーから購入するとのこと。

ひとつひとつの道具を、どのように使うのか全くわからない。

慣れるまでかなり時間がかかりそう。。

ちゃんと自分ひとりで、パウチ交換ができるようになるのか。。

不安でいっぱいだった。

ストマちゃんのスパルタ指導

ストマちゃんから、今付けてあるパウチを剥がすところから順番に教えてもらう。

慣れないし、結構難しい。

「ここは、こうした方がいいよ」

「この道具は、こう使ってね」

などなど…

ストマちゃんからのアドバイスを聞きながら、交換を進めていく。

パウチ交換中に、便が出てきたらどうしようという不安。。

とりあえず、何かとめんどくさい。。笑

冬は悲惨かも。

寒いから。。

そして…

教えてもらいながら、やっとストマのパウチを交換することができた。

やったことない事とか、慣れない事をするのってすごく疲れる。

神経使うというか…

ストマは2、3ヶ月の期間限定。

後に閉鎖する予定。

2、3ヶ月の期間限定だから、あっという間なんだろうけど、やっぱり長い。。

早くストマ閉鎖手術してほしい。

(きっとストマに慣れた頃、閉鎖することになるんだろうな…)

意外とスムーズにパウチ交換ができて、ストマちゃんから褒められた。

パチパチ…!!

安心。。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.23
『ストマパウチ交換』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.24
『当たり前がいちばんの幸せ』

私の闘病日記vol.24〜大腸全摘編〜『当たり前がいちばんの幸せ』 今回は… 私の闘病日記vol.24 『当たり前がいちばんの幸せ』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読ん...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように