私の闘病日記

私の闘病日記vol.3『壮絶な下剤との闘い』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.3
『壮絶な下剤との闘い』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.2
『大腸内視鏡検査準備』

私の闘病日記vol.2『大腸内視鏡検査準備』 今回は… 私の闘病日記vol.2 『大腸内視鏡検査準備』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいない...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.3
『壮絶な下剤との闘い』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

マグコロールとの闘い

ついに…

内視鏡検査当日。

朝、スマホのアラームが鳴る前に目が覚めた。

起きようと思っていた時間よりも、少し早く起きることができた。

でも…

まだ外が暗い時間に起きることが滅多にないから、目が全く開かないほどすごく眠かった。

今すぐ布団に戻って、二度寝をしたいくらいだった。

(あぁ、、最悪な朝だ…)

今回飲むのは…

前日、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた『マグコロールP』という2リットルの経口腸管洗浄剤。

食器棚を開けて数あるコップの中から、お気に入りのマイコップを取り出す。

マイコップと2リットルの下剤を持って、共に着席。

(準備は整った。ここからが本当の闘いだ…)

変な緊張感に襲われる。

テレビをつけて、録画してある面白いバラエティ番組を見ながら飲むことにした。

とにかく気を紛らわさないと…

早速、マグコロールをコップに注ぐ。

ポカリと同じく、マグコロールも白く濁った液体だった。

そして…

徐々にコップを口元に近づけさせて…

記念すべき第1口目!!!

飲んだ瞬間…

やっぱり『ポカリのような味』だった。

Googleで調べた時、クチコミで言っていた通りのポカリの味。

(お!!これだったら飲めそうな気がする!!)

まだ飲み始めて最初の方は、少しずつだけどゴクゴクと順調なペースで飲むことができた。

でも…

残り約半分に差し掛かかると、だんだんお腹いっぱいになってきた。

空腹の中、しかも朝からポカリのように、変に甘い医療用の飲み物を飲んでいると思うと、次第に吐き気を催してきた。

今まで飲んだ分の下剤が、胃から逆流しそうになってくる。

さすがに朝から2リットルは多すぎる。

どんどん苦しくなってきて、ペースが急激に落ちる。

(うわ。。これきっつい…)

朝起きてすぐ、2リットルも飲める人いるの?

何でこんな量を飲まなきゃいけないの?

もう泣きそうで、心が折れそうになった。

でも…

2リットルの下剤を2〜3時間かけて飲んで、大腸の中が空っぽにならないと検査はできない。

そう思うと…

(やばい、もっと早く飲まなきゃ…)

だんだん焦ってきて、無理にでもペースを上げてグイグイ飲み続けた。

事前に冷蔵庫で下剤をキンキンに冷やしておいたからか、体の芯から凍えるように寒気が襲ってきた。

(寒い。苦しい。辛い。もう吐きそう…)

ここでトイレに駆け込んで、全部吐いたら…

今まで頑張って飲んだ分が水の泡だと思った。

だから…

(ここで絶対、吐くわけにはいかない…!)

なんとか下剤が逆流してこないように踏ん張った。

検査予約の時…

看護師さんは、大体5.6回トイレに行けば、固形物も出てこなくなって色が透明に近い水様便に変わっていくと言っていた。

私は、まだまだ全然ダメ…

自分の目の前には、なかなか減ってくれない大量の下剤。

テレビで好きなバラエティ番組を見ても、全然面白いと思えない。

だんだん嫌になってきてしまった。

滝のように吐く直前というところまで、頑張って飲み続けた。

でも…

最終的に、結局残りあと900ミリリットルというところで、限界を感じた。

それから一口も飲むことなく、飲むのをやめて諦めてしまった。

(下剤に打ち勝つどころか、もはや惨敗…)

下剤も全部飲めなかった上に、トイレに行ってもまだ固形物が出てきてしまう。

(なんて言われるかな…もしかしたら検査できないかもしれない)

でも…

とりあえず今は、病院に行かなきゃと思った。

モビプレップ地獄

ママと電車に乗って病院へ向かう。

検査3日前から、力の出るご飯も食べていない。

もちろん今日も下剤を飲むだけで、何も食べていない。

だから、

もう体がフラフラで貧血気味になってしまった。

(全然、力が入らない…)

それでも、最後の力を振り絞って病院まで行く。

この時期は…

立っているだけで、汗がじんわり背中を伝っていくほど暑い季節だった。

セミがうるさいほど活発に鳴く真夏。

体の中の水分がどんどん出ていってしまう。

本当は水分をちゃんと取らないといけない。

だけど、下剤でもうお腹いっぱいだったから、

家を出る前に水分を取らないまま出てきてしまった。

だからなのか、何だかすごく頭の中がクラクラして、意識が遠のいていくような感じになった。

(もしかして熱中症…?)

フラフラしながらも頑張って歩いた。

家の近くの最寄り駅に行くのもやっとだった。

それから…

ガタンゴトンと電車に揺られながら、やっと病院の最寄り駅に着いた。

駅から病院まで10分ほど歩いて、やっと病院に到着。

入り口の自動ドアを抜けて、スリッパに履き替える。

周りの迷惑にならないように、静かに病院の中へ入る。

座っている患者さんを見渡すと…

来ている人のほとんどが、お年寄りの患者さんだった。

自分みたいに若い人は誰1人いなかった。

「今日、内視鏡検査を予約してるんですけど…」

受付にいる看護師さんに、そう伝える。

看護師さんは私のカルテを探した。

そして…

それからいくつか質問をされた。

・下剤は全て2リットル飲めたか?
・トイレは全部で何回行ったか?
・便の色は透明になったか?

などなど…

それに対して…

・下剤は全部飲めなかった
・トイレの回数もまだまだ少ない
・便の色も透明には程遠い

看護師さんに伝える。

すると…

「このままじゃ、検査はできないから…」

そう言われてしまった。

(やっぱりそうだよなぁ…)

すると…

「少しまずいけど追加で下剤を出すから、これを全部飲んで欲しいの」

そう看護師さんから言われてしまった。

そして…

プラスチックのコップに、なみなみに注がれた溢れんばかりの下剤を渡された。

地獄に突き落とされた気分になった。

しかも…

1回で飲みきれるような小さなコップではなく、結構大きいプラスチックのコップに注がれていた。

嫌がらせ…?

と思うほど満タンに入っていて、溢れそうなほどの量だった。

(まずいのかな…ていうか、こんなに注がなくてもいいじゃん…)

一点の濁りもなく、透明に透き通っている液体。

だから…

見るからにマグコロールとは違う下剤だということがわかった。

(この下剤は、どんな味がするんだろう…)

下剤がなみなみに注がれたコップに、鼻を近づけて匂いを嗅いでみると…

ほのかに梅風味の酸っぱい匂いがした。

不味そう。。

ポカリ味の次は、まさかの梅味…?

瞬間的に、吐き気を催してきそうになった。

もう自分の中で、味がまずいのはほぼ確定された。

絶対に飲まなきゃいけない。

これ以上逃げらない。

これが最終手段と言われているような雰囲気を醸し出していた。

息を止めて、思い切って飲んでみた。

飲んでみると…

!!!

(不味すぎる…!)

一気に口の中が、梅の酸っぱさでいっぱいになった。

口がまるで断固拒否しているかのようだった。

そういえば…

マグコロールの味を調べた時のこと。

数ある下剤の中で、梅風味の下剤もあると書いてあったのを思い出した。

もしかしたら…

きっとこの下剤のことかも。。

これは『モビプレップ』という下剤。

梅の味。

私の苦手な味。

多分、みんなも苦手な味…

だと思う。。

全然、喉を通っていかない史上最悪な味。

そして…

飲んでいくと同時に、吐き気も次第に催してくる。

(吐いたらヤバイ…吐いたらヤバイ…)

だけど…

ここで一度コップから口を離してしまうと、2口目は今以上に飲むのが辛くなることはわかっていた。

(もう不味すぎて、死にそう…)

諦めそうになりながら、心の中で何回も呟いた。

チビチビと少しずつだけど、今ある力を振り絞ってゴクゴク飲んでいった。

コップの中の下剤がみるみる減っていく。

(あと少し…頑張れ、私。。)

吐き気を慎重に抑えながら、最後の1滴も残さず一気に飲み干した。

もう本当に不味すぎて、人間が飲む飲み物の味ではないと思った。

看護師さんに聞くと…

検査前は、水とお茶は飲んで良いとのことだったので、500mlのペットボトルのお茶を、全部飲み切る勢いでガブガブ飲んだ。

お茶によって、モビプレップの梅味が口の中からどんどん消えていく。

そして…

トイレに行き始めて5回目。

(もう透明になったし、これで大丈夫だろう…)

流さずに、トイレの便座の近くにある呼び出しボタンを押して看護師さんを呼んだ。

ボタンを押すとプルプルと小さな音が鳴った。

1分くらい待っていると…

トイレの方に向かってくる看護師さんの足音が聞こえてきた。

すると…

看護師さんが、トイレのドアをコンコンとノックして中に入ってきた。

もしこれでダメだったら…

また更に追加の下剤を飲むように言われるとわかっていた。

(それだけは絶対に避けたい…!!)

入ってきた看護師さんにチェックをしてもらうと…

「固形物も出ていないし、これで検査できるね」

ようやくOKが出た。

(やった…!!頑張ってよかった!)

ここまですごく長かった。。

「検査の順番がまわってきたら呼ぶから、それまで待ってて」

そう看護師さんに言われた。

少しの間、待合室で待つことになった。

検査ができるようになるまで、自分が想像していた以上にすごい時間がかかった。

まだ本番の検査すらしていないのに、もうすでに疲れてしまった。

(前処置、、本当に大変すぎ…!!)

繰り返される針刺し拷問

看護師さんに名前を呼ばれて、一旦処置室に入る。

処置室に入ると、小さな椅子に座るよう促された。

看護師さんから…

今回の内視鏡検査は、鎮静剤で眠っている間に内視鏡検査をすると説明を受けた。

「検査の前に点滴の針を入れておくね」

と、看護師さんに言われた。

(注射、怖いぃぃぃ…)

そして…

点滴の注射をすることになった。

看護師さんが注射針を出して、準備をしている。

私は右腕だけ腕まくりをして、小さなクッションの上に腕を前に差し出す。

看護師さんは、腕のどこに刺そうか人差し指でトントンと叩きながら考えている。

「ここかな…あ、ここか…」

と看護師さんは言いながら、刺す場所を決めていく。

(あぁ、注射…刺されるぅぅ…)

刺されると思うと、だんだんドキドキしてきてしまった。

緊張しすぎて、心臓が飛び出てきそうになった。

大袈裟すぎるかもしれないけど…笑

注射、すごい苦手なの。。

看護師さんが…

「よし、ここだな…」

長時間悩みながらも、ようやく針を刺す場所が決まった。

アルコールが染み込んだ脱脂綿で、私の腕を軽く擦る。

私の血管細すぎるから、失敗しないように祈りながら、その瞬間を待つ。

(どうか、、一発でルート確保成功しますように…!)

看護師さんは、改めて針を刺す場所の確認を済ませる。

「ここかな…では、少しチクッとしますよ〜…1、2の3!」

痛ッ!!!

気持ち悪くなりそうだったから、なるべく針が刺さっている部分を見ないようにした。

看護師さんの顔を見てみると、険しい顔をしていた。

(何だか、、嫌な予感…)

そして…

「あれ…じゃあこっち…かな?」

とボソッと呟いた。

(これ絶対ダメなやつじゃん…勘弁してよ…)

針を数ミリ抜いてみたり、またグッと深いところまで刺してみたり。

(いやいや、痛すぎるんですけど…)

いろいろ試行錯誤したはいいものの、看護師さんは結局、

「ごめんなさいね。一旦抜きますね〜…」

そう言った。

針が刺さっている部分を脱脂綿で強く抑える。

そして…

そのままスーッと真っ直ぐに針を抜いていく。

この瞬間も地味にチクッと痛みが走る。

(また最初から仕切り直しかぁ…)

看護師さんがまた次に刺す注射針の準備をしている。

すると…

だんだん血の気が引いていって、吐き気がしてきた。

看護師さんにそう伝えると、ベッドに横になるように言われる。

3分くらい休んだら、だいぶ吐き気が落ち着いてきた。

寝たままの状態で、看護師さんがまた針刺しを再開する。

右腕で失敗した後は、左腕に刺すことになった。

そして…

またしても、失敗。。

次はまた戻って右腕に刺すことに。。

なんとか3回目の針刺しでようやく成功した。

(やっと終わった…もう疲れた…)

検査前の準備がやっと一通り終えることができた。

左右の腕には止血用テープが2つと、点滴の針が刺さっていて、なんとも痛々しい姿になってしまった。

ようやくベッドから起き上がる。

そして…

点滴の針に気を遣いながらスリッパを履いて、静かに待合室に戻る。

待合室で待っている間…

針の部分を見ると、また気持ち悪くなってきそうだった。

気を紛らわすために、ママと静かにコソコソ話をしながら待つことにした。

すると…

ついに、自分の順番が回ってきた。

(ここまで長かった…やっとだぁぁ!)

看護師さんに案内されながら、検査室のドアを横にスライドさせて中へ入った。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.3
『壮絶な下剤との闘い』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.4
『初めての大腸内視鏡検査』

私の闘病日記vol.4『初めての大腸内視鏡検査』 今回は… 私の闘病日記vol.4 『初めての大腸内視鏡検査』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでい...

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

ぜひ、チェックしてみてね〜!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように