マウスピース矯正記録

マウスピース矯正記録*1枚目*(前編)

あゆ
あゆ
こんにちは!!

もう2023年。もう1月。

早いですね〜〜。。

2023年は卯年。

みなさま、今年もよろしくお願いします!

2023年度版のお正月イラストも描いてみたので、見てね〜!

2023年のお正月は、お雑煮を食べて、家でダラダラして、神社へお参りに行って、家でダラダラして、コンビニ行って、家でダラダラして…

それくらいしかしなかったな…笑

ちょうど1年前は何をしていたんだっけ…?

と思って、日記帳を振り返ってみると、今年と同じ。

お雑煮食べて、神社へ行った…みたいです。笑

変わらんな〜笑

何だか20歳を超えたあたりから、毎年1年経つのが早く感じる。。

私も気付けばもうアラサーです。笑

今年も定期的に通院はあるけど、ぼちぼち頑張っていこうと思っています。

とにかく後悔のないように、毎日1日1日を大事に生きる!!

みんな誰にでも悩みはあると思うけど、やっぱり健康でいられて、元気でいられることが、1番幸せなのです…!!

本当に、本当に。。

さて!!

前回のお話は読んでいただけましたか!?

まだ読んでいない方のために、こちらに貼っておきます。

↓↓『ついにマウスピース矯正スタート!!』↓↓

ついにマウスピース矯正スタート!! 最近、お芋(さつまいもとか)にハマっているんだけど、 スーパーやコンビニに行くとお芋スイーツだったり、お芋のパンだったり、...

ぜひ、読んでね〜

では、今回は、

1枚目のマウスピース矯正記録(前編)をみなさんにお話ししていきたいと思います。

マウスピースは2枚目、3枚目、4枚目…と変えていくたびに徐々に、少しずつ歯が矯正されるように作られています。

つまり…

枚数を重ねるごとに、だんだん歯並びが良くなっていくということです!

それでは!

『マウスピース矯正記録*1枚目*(前編)』

あゆ
あゆ
Let’s go!

マウスピース矯正*1枚目*(前編)

では、早速!!

1枚目のマウスピースに関しては、皆さんにお話ししたいことがたくさんあったので、前編後編に分けてあります!

初めてマウスピース矯正をして、この1枚目が本当に大変だった…

痛み…!!

とにかく痛み!!

それも、歯の痛みではなくて、頬の裏側だったり舌だったり口の周りだったり…

女性
女性
歯が痛いんじゃないの?
あゆ
あゆ
歯痛は大丈夫だったんだけど…

とにかく、口内炎がひどかった…!!

もう自分の口腔内が悲惨な状況に…

リアルに泣いた…少しだけ。笑

ではでは…

1枚目のマウスピース矯正記録(前編)!!

時間がある人は、ぜひ見ていってね〜

!!前回のお話と少し重複している部分があります!!

すいません…!

あゆ
あゆ
それでは、Let’s go!

家に帰ってきて…

マウスピース矯正が始まって、歯医者さんから帰ってきたあと。。

いろいろ不安に思いながらも、ついに夕飯前になり、マウスピースを外す時が来た!!

(歯医者でうまくできなかったけど、ちゃんと外せるかな

いざ、マウスピースに爪をかけて、外す。

でも…

マウスピースがガッチリはまっていて、固くて、爪が痛すぎて、なかなか外せない。

(もう本当に勘弁してよ…どうやったら外せるの…)

と、もうどうしたらいいのかわからない気持ちになって、泣きそうになる。

助けてほしいけど、誰も助けてくない。

自分でどうにかしてでもマウスピースを外すしかない。

もうやけになって、思いっきりグッとマウスピースを引っ張ると、激痛が走る。

カパっ…

と音がして、やっとマウスピースを外すことができた。

(なにこれ…毎回こんな大変な思いをしなきゃいけないなんて、、)

と心が折れそうになった。

この先、不安。。。

こんなことなら、矯正なんて始めなければよかった…!!!

なんて思ってしまう。

マウスピースを外した状態で自分の歯を見てみると、IPRをしたから歯が結構細くなっていた。

(こんなに細くなっちゃったんだ…)

まるで、自分の歯じゃないみたい。。

正直、結構、衝撃。。ビックリ…

ひどい痛みと出血

そして…

矯正が始まって、初めてのご飯…!!

今夜はおかゆ!!

実際に噛んでみると、何だか歯が痛いような、とにかく歯が変な感じ。

しっかり噛むと歯が折れそうな気がして(歯が折れることは実際にはありません。笑)、

でも、ちゃんと噛まないと胃腸によくないし…

どれくらいの力で噛めばいいのか、最初はわからなかった。

とりあえず、優しく、あまり顎に力を入れないようにして、慎重におかゆを食べていく。

すると…

ここでトラブルが発生…!!笑

ここからが本当に、本当に大変だった!

自分の歯につけてもらっているアタッチメントが、ベロや頬の裏側に擦れて、すっごく痛い!

男性
男性
アタッチメントってなんだっけ?
あゆ
あゆ
それは…

アタッチメントの説明は、前回のお話を見ていただくか、こちらにイラストを貼っておくので、よかったら見てね!

アタッチメントは、角張っていて、生地がザラザラしているから、口の粘膜がすぐに傷ついちゃう…

しかも…

結構出血しちゃって、口の中が血の味がする。

(ヤバイ…血が…血が…)

口の中を少しでも動かすと激痛が走る。。

痛すぎて、話をすることすらままならない。

(これじゃ話せないし、ご飯なんて食べれないじゃん…)

「痛い…痛い…」

と言いながら、ご飯を少しづつ食べていくけど、

マウスピースを外していられるのは1日4時間しかないから、あまりゆっくり食べていると、時間があっという間に過ぎていってしまう…

早く食べようとすると激痛で出血するし、ゆっくり食べると時間がなくなる。

ゆっくり食べたとしても、痛い…

(もうどうしたらいいの…!?)

矯正歯科に明日、電話して相談しようか。。

とりあえず痛みに耐えながら、なんとかご飯を食べ終えることができた。

(痛過ぎて、ご飯なんかもう食べたくない…!)

ご飯を食べ終えて、歯磨きをする。

歯を結構削ったせいか、ブラシが少しでも歯に当たるとしみる。

できるだけしみないように、優しくブラシを当てようと心がける。

歯磨きを終えて、いざマウスピース装着!

洗面所の鏡の前で険しい顔をしながら、マウスピースを頑張ってはめる。

カチッ…

(よかった。。ちゃんとはまった…)

正直こんなに大変だと思わなかった。

これから先どうしようという不安な気持ち。。

最後まで続けられる自信が全くない。

もう矯正やめようかな

(無理…本当にどうしよう…)

(もう今すぐにでも矯正辞めたい…)

自分でも、もうどうしたらいいのかわからなくて、スマホを開いてGoogleで

『歯列矯正 途中で辞める』

と検索した。

矯正を途中で辞めた場合のリスクや、対処方法など…

ズラーっとたくさん出てきた。

でも…

結局、歯列矯正は最後までちゃんと続けた方がいいとのことだった。

当たり前のことだけど…

1日目にして早くも心が折れた。。

とりあえず、明日矯正歯科に電話して、痛みをどうにかしてでも楽になる方法を聞いてみようと思った。

食べている時はアタッチメントがあたって痛いし、マウスピースを装着している時は縁があたって痛いし…

結局マウスピースを装着していても、していなくても痛い。。

(辛い、、辛い…)

生まれた時から歯並びがいい人が羨ましい。

歯並びがいいまでいかなくても、歯が横にちゃんと並んでいる人が羨ましくてしょうがない。

こんなことなら、もっと小さい頃に矯正しておけばよかったかな。

なんて思っちゃったり。。

泣きそうになるのを堪えながら、夜を過ごした…

矯正歯科に相談

次の日。

2022年1019日(水)

朝起きると、やっぱりマウスピースの縁が頬の裏側に当たって痛い。

よく鏡で見てみると、口内炎になっていた。

「痛っっったい!!」

この状態で朝ごはん食べられるかな

と心配になる。

いつもなら朝ごはんが楽しみなのに、食欲すら沸かない。

(またご飯の時間か全然食べる気になれない

仕方なくマウスピースを外す準備をする。

案の定、うまく外せなくて結局、力ずくで外してしまった。

「痛い…痛い〜〜

歯も痛い、口内炎も痛い。

まさに口腔内全体痛いところだらけ

(悲惨すぎ

母が買ってきてくれた柔らかいメロンパンを、口の中で溶かしながら少しづつ食べる。

それでもやっぱり激痛だった。

マウスピースを外している状態の方がまだ痛みはマシだったから、朝ごはんを食べた後もそのままマウスピースを装着しなかった。

何かを口の中に入れて食べるという行為自体、もうどんなに気をつけながら食べようと、痛みなしでは食べることができない。

そんな現実に絶望した。

これから数年間、こんな思いをしながら食べなきゃいけないって思うと、かなり辛い。

なんとかしてでも何か方法はないか、矯正歯科に電話して聞いてみることにした。

スマホで矯正歯科に電話をかける。

「昨日からマウスピース矯正を始めたものですが痛くて痛くて

と昨日からのことを一通り説明すると

「では、一度先生に聞いてみますね」

と。

電話越しの受付の人はとても優しい人だった。

口を動かして話すたびに、口内炎に激痛が走る。

少しの間待っていると、

「来週空いているので、来てください。マウスピースを付けていると痛いのであれば、もうそのまま装着しなくていいですよ。まだ始めたばかりなので」

「いやいや、マウスピース装着していなくてもすごく痛くて、出血も結構していて明日とかは診てもらえないでしょうか?」

「そうですかもう1度先生に聞いてみるので、折り返しお電話しますね」

「はい

(なんかすごい迷惑患者みたいな感じになっちゃったごめんなさい

少しの間待っていると、携帯が鳴った。

すると

「先生に確認してみたところ、明日、診てもらえることになりました」

と言われた。

「ありがとうございます!!」

(これで、なんとか解決すればいいけど…)

何も処置してもらえなくてそのまま帰されたりしたら、どうしようという不安も残った。

マウスピースはもう着けなくていいと言われたけど、歯が細くなって弱っているため、

寝ている時に、歯ぎしりとかが原因で歯がダメになった…

なんてことになったら嫌だったから、一応マウスピースを装着して眠った。

痛みからの解放

次の日。

2022年1020日(木)

口内炎の痛みは相変わらず激痛だったけど、なんとか痛みに耐えながら頑張って1日中マウスピースを装着していた。

予約が夜の最後の時間しか空いていなかったため、矯正歯科に着いた頃にはもう外は真っ暗だった。

(どうか、痛みがマシになりますように!!)

と心の中で祈りながらドアを開けた。

受付の人に昨日の事情を話すと、早速案内された。

また!!イケメン先生!!笑

(ラッキー笑)

「昨日電話で痛いって言っていたみたいだけど

と聞かれて、一通り説明すると、

「では、マウスピースを外してくださいね」

と言われ、

(外せるかな

と心配になりながら、マウスピースを外そうと試みる。

すると

なかなか外せなくて、手こずっていると、

「大丈夫??じゃあ僕が外しちゃいますね」

と先生は言って、

カパッ

と簡単に外してもらった。

(え!!今、全然痛くなかったんだけど!!)

いつもなら外す瞬間、歯が欠けるんじゃないかと思うくらいの激痛がするのに。

(一体、どうやって外したんだろう…)

「じゃあとりあえずマウスピースの縁を削る処置と、頬の裏側にあたって痛いところのアタッチメントを取っていきますね」

(痛いところのアタッチメント取ってくれるんだ!神!!)

アタッチメントを取ってもらって、舌で確認してみると、全然痛くなかった。

取ってもらったおかげで、ご飯も美味しく食べられそうだなと思うくらい快適になった。

(1つのアタッチメントが無くなるだけで、こんなにも変わるんだ…)

「口内炎が治るまでは痛いかもしれないけど…」

と先生は言ったけど、だいぶ痛みが楽になってホッと安心した。

正しいマウスピースの取り外し方法も聞いて、無事に診察を終えることができた。

電車で帰っている時も痛みが出ることはなく、そのまま家に帰宅した。

昨日はほぼ1日中マウスピースを外していたから、今日から7日間1枚目のマウスピースを使って、ついに始まる!

これからが本当のスタート!!

キレイな歯並びになるように頑張る!!絶対に!

次回は…

1枚目のマウスピース矯正記録(後編)を、皆さんにお話しできたらいいなと思っています。

歯列矯正に興味のある人や、これからマウスピース矯正をやろうか検討中の人も、そうでない人も、皆さんに見てもらえたら嬉しいです!

次回もお楽しみに!!

 

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように