私の闘病日記

私の闘病日記vol.40『もやし先生との再会』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.40
『もやし先生との再会』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.39
『ドレーンからの大量排液事件』

私の闘病日記vol.39『ドレーンからの大量排液事件』 今回は… 私の闘病日記vol.39 『ドレーンからの大量排液事件』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.40
『もやし先生との再会』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

膵臓の傷から謎の液体

術後11日頃から、

膵臓の手術した傷から、謎の液体が滲み出てくるようになった。

色は透明だし、これが何なのか全くわからない。

とりあえず、ナースコールを押して、看護師さんを呼ぶことにした。

数秒すると、看護師さんは病室に来てくれて、状態を見てもらう。

看護師さん曰く、

「そこまで気になるほど出ていないから、大丈夫」

とのことだった。

(よかったぁ…)

簡易的なガーゼにテープを貼って、服が濡れないように処置してもらった。

トイレと大親友

トイレに何回も行くから、お尻ももう死ぬほど痛すぎてそろそろ限界だった。

発狂しそうなほどに。。笑

トイレで用を足し終わって、ベッドに戻っても、

またすぐにトイレに行きたくなってしまう。

まさに無限ループ。。笑

トイレとお友達以上に、大親友な存在となった。

毎回、トイレでは叫びたくなるほどの激痛。

こんな日々を、これから過ごしていかなきゃいけないのか。。

そう考えるだけで、頭がおかしくなりそうだった。

次から次へと、、なんでこんなに問題が発生するのか。。

本当に嫌だ。。

ついにドレーン抜去

そしてついに、

術後11日目にして、やっとドレーンから解放された。。

排液も出てくる量が少しづつ減ってきて、

ガーゼだけでも、排液を止めることができるようになっていた。

ドレーンを抜く時は、

前回と同じで、やっぱり言葉では言い表せないほど変な感じだった。

包丁が刺されて、抜くときのようなグニュっとなる感じ。笑

変な例えだけど。。笑

それに今まで生きてきた中で、包丁で刺されたことなんてないけどね。笑

ドレーンが取れて、もう自分の体には煩わしいものはなくなった。

すごく嬉しい。。

やっとここまできた…!!

早く家に帰りたいという気持ちが、ますます強くなった。

今回の入院は、前回の入院よりもだいぶ長引いてしまっているから、

本当に嫌になってしまう。。

正直、こんなに入院するなんて思ってもいなかった。笑

あと少しの期間の入院生活も、せっかくだから楽しんで過ごそうと思った。

男性先生の正体

やっとドレーンからも解放されたことだし、

この日の昼間も、何もすることなくて暇だったから、

りなさんの病室へ遊びに行くことにした。

鼻歌を歌いながら、病室へと向かう。笑

りなさんの病室が近づいてくると…

病室の前に、白衣を着た男性の先生が立っている。

(え…あの人誰だろう…?)

すると、

その白衣を着た男性の先生は、りなさんの病室の中へ入って行ってしまった。

(うわぁ、誰だよ。。先越されたじゃん…)

(早く出てこないかなぁ…)

病室の扉の前で、男性の先生が出てくるまで、10分くらい待つ。

(まだかな、、まだかな。。)

男性の先生は、一向に出てくる感じがしなかったから、

一旦、自分の病室に戻ろうかと思ったその時…!!

ついに、扉の曇りガラスに男性の先生と思われる影が映った。

(おっ…やっと出てくるか…!!)

そのまま、男性の先生が出てくるのを待った。

そして、ついに病室の扉が開くと、男性の先生が出てきた。

(あっ…!!!この人…!!)

りなさんの病室から出てきた男性の先生は、

昨日、病棟内をお散歩していた時に、何度か目が合ったあの男性の先生だった。

その時のことが書かれた記事を読んでいない人は、この回のお話を読んでね!

私の闘病日記vol.39
『ドレーンからの大量排液事件』

私の闘病日記vol.39『ドレーンからの大量排液事件』 今回は… 私の闘病日記vol.39 『ドレーンからの大量排液事件』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読...

『5.思い出せない”あの顔”』を読んでね!

男性の先生は、私とりなさんのいる病室の方を交互に見ながら、

「あれ…?友達?」

と聞いてきた。

男性の先生本人を目の前に、また、

(あ…この人、、やっぱり前にどこかで会ったことあるような…)

そう思った。

そうすると、りなさんが病室の外の異変に気づいたのか、病室の中から出てきた。

「どうしたの…?なんかあった?」

とりあえず、廊下で話すのもなんだからと言わんばかりに、

3人で、りなさんの病室に入った。

すると、男性の先生が、私に

「そういえば外来の時、ストマ外来に用があったのに、

間違えて、一般の診察室に入ってきた子だよね!」

と言ってきた。

(あぁ…前に、そんなこともあったな。。)

えっ…??

今までぼんやりしてて、ずっと思い出せなかったけど、今回で完全に思い出した。

この人、もやし先生じゃん!!!笑

“もやし先生”って誰だっけ?

そんな人は、この回のお話を読んでね!

私の闘病日記vol.27
『ストマ周りの皮膚トラブル』

私の闘病日記vol.27『ストマ周りの皮膚トラブル』 今回は… 私の闘病日記vol.27 『ストマ周りの皮膚トラブル』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読ん...

『3.もやし先生』を読んでね!

あの時は、ストマのびらんがもう痛すぎて必死で、

顔なんてじっくり見ていなかったし、

ほんの数秒会っただけだったから、全然気づかなかった。笑

笑った時の顔が、やっぱり三浦春馬に似ている。笑

それからは、もやし先生とも仲良くなって、

病棟内で会うと、よく話をするようになった。

病棟内をお散歩していると、

先生たち、看護師さん、りなさん、薬剤師の人、清掃員の人…

いろいろな人に会うし、声をかけてもらえることも多いから、

その度にお話ししたり、仲良くなったりと、意外と楽しかった。

チャラ男先生の行方

そういえば…

前回の入院の時は、チャラ先生いたのに

今回入院してから、1回も会っていないことに気がついた。

“チャラ男先生”って誰だっけ?

そんな人は、この回のお話を読んでね!

私の闘病日記vol.7
『紹介された総合病院へ』

私の闘病日記vol.7『紹介された総合病院へ』 今回は… 私の闘病日記vol.7 『紹介された総合病院へ』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいな...

『3.チャラ男先生との出会い』を読んでね!

回診にも来ないし、病棟内をお散歩していても全然会わない。

もうこの病院からいなくなっちゃったのか…

それはいまだに不明。。笑

まだ若い先生だったから、いろいろな病院に行ってお勉強しているのかな…

なんて思ったり、思わなかったり。。笑

まぁ、どっちでもいいんだけどね。笑

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.40
『もやし先生との再会』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように