私の闘病日記

私の闘病日記vol.8『主治医との出会い』

あゆ
あゆ
こんにちは!

今回は…

私の闘病日記vol.8
『主治医との出会い』

をみなさんにお話ししたいと思います。

↓↓前回のお話を読んでいない方はこちらから↓↓

私の闘病日記vol.7
『紹介された総合病院へ』

私の闘病日記vol.7『紹介された総合病院へ』 今回は… 私の闘病日記vol.7 『紹介された総合病院へ』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいな...

そして。

私と同じ病気で悩んでいる方。

または。

大切な家族に私と同じ病気にかかってしまった方に向けて、少しでも勇気になればと思っています。

そして。

私みたいに病気ではなくても、人生を生きていれば誰もが悩みを抱えて生きていますよね。

仕事で抱えるストレスに、人間関係のトラブル。

将来に不安を抱える人や、お金で困って毎日の生活が息苦しくて…

中には『自殺』をしてしまう人だっています。

何か、もう、消えてしまいたくなる気持ち。

私もそういう感情になった時あったので、少し分かる気がします。

でもね…

正直に言えば!!

もしも今のあなたの体に何も病気がなくて、元気な状態であれば…

私は、あなたが『羨ましい』です。

だって…

私は22歳の時、大腸を手術で全部『摘出』してしまったので、日常生活でも不便なことが多い。

(病気がなくて健康な人は、いいなぁ…)

と思うことも多いです。

でも!

人の悩みに、大きいも小さいもない。

そんな風にも思います。

私みたいに『体』に問題を抱えてる人、それに体は元気だけど『心』に何かを抱えてる人。

いろいろな人がいるけれど、

『生きてる』ってことは、本当にラッキーなんだよ。

そんな当たり前なことに今回、あなたが気づいてくれたら嬉しいです。

私の闘病日記

では、ここからは、

私の闘病日記vol.8
『主治医との出会い』

をお話していきたいと思います。

あゆ
あゆ
レッツゴー!!

大腸内視鏡検査前日

内視鏡検査前日。

錠剤の『酸化マグネシウム』は大きい上に、

表面がザラザラしているため、喉に引っかかって、詰まりそうになる。

『ピコスルファートナトリウム』は、

水に混ぜて飲むと、やっぱり変に甘くて、すごくまずかった。

できればもう二度と飲みたくない。。笑

明日の朝に飲む2リットルの腸管洗浄剤のマグコロールは、

水で粉を溶かして、冷蔵庫に入れて準備万端。

経験上、冷蔵庫に冷やして飲むと比較的、飲みやすい。

再び過酷な下剤との闘い

内視鏡検査当日。

ついに、この日がまたやってきた。。

朝6時に起床。

これから2リットルの下剤を飲むと思うと、すごく憂鬱で、嫌で嫌で仕方なかった。

下剤を飲まずに、ずっとこのままベッドで寝ていたいと心から思った。

もう気合いを入れて、ただ無になって下剤を飲んでいくしかない。

何も考えずに。。

そして…

いざ、1口目。

あぁ、、相変わらずな味。笑

飲み始めてから最初の300mlくらいは、まだグイグイ飲むことができた。

そのあとから、次第に辛くなってくる。

すると、

だんだん体が一切、下剤を受け付けなくなっていく。。

(ここまでか…いや、、もっと頑張れ、私…)

空腹の体にポカリのような少し甘い液体が、

一気にたくさん胃に入っていくと、吐き気が襲ってくる。

しかも、

氷で冷たく冷やして飲んでいるから、ずっと飲み続けていると

体がブルブル震えるほどの寒気がやってくる。

(きたきた、、さぶいぃぃぃ…)

膝にダウンジャケットをかけて、体が冷えないように下剤を飲んでいくけど、

寒気は、一向におさまらない。

頑張って下剤を飲み続けた結果…

結局、2リットル全部、飲むことができなかった。。

トイレでも、まだ固形物が残るほど。

もちろん、色が透明になるのには、程遠い感じ。

(全然ダメだ、、というか、今までで1番飲めてないかも…)

そうこうしているうちに、

もう家を出なければいけない時間になってしまったため、飲むのを中止せざるを得なかった。

初めての浣腸

そのまま電車に乗って、病院へ向かった。

病院に着き、再来受付を済ませてから、内視鏡検査の待合室へと歩いて行く。

内視鏡検査の受付で、

・トイレの回数
・何時から飲み始めたか
・全部飲めたか

などなど…

いくつか質問に答えた。

内視鏡検査前に質問される内容は、どこの病院も一緒なんだなと思った。

案の定、

まだトイレの回数も少ない上に、固形物もまだ出ていて色も全然透明になっていないから、

このままでは、検査はできないと言われた。

当たり前だけど。。

とりあえず、待合室で少し待っていると…

1人の看護師さんがこっちの方に歩いていた。

すると、

「それじゃ、別の部屋に案内しますね」

と言われた。

(今から何するの…まさか追加の下剤を飲まされるとか…?)

どうか下剤だけは、下剤だけは、やめて…!!!

もうこれ以上、、飲めない!!

というか、、飲みたく…ないです。。笑

不安になりながらも、看護師さんの後ろをゆっくりとついて行く。

すると…

看護師さんは、とあるドアの前で立ち止まった。

ドアを開けて、看護師さんと一緒に中へ入っていく。

その部屋には、トイレと小さなベッド、椅子以外何もない小さな部屋だった。

看護師さんから、

「まだ腸の中がきれいになっていないから、浣腸してきれいにしようね」

と言われた。

(”浣腸”とは…?聞いたことない。。痛いのかな…)

とりあえず、

追加の下剤を飲まされるんじゃないか、と心配になっていたけど、

下剤じゃなかったから、ひとまず安心。。

それから、ベッドに横になる。

すると、

看護師さんが、お尻からお湯くらいの温かい薬のような液体を入れてくる。

(何これ、、なんか変な感じ…)

薬を入れ終わると、そのまま起き上がる。

それから、3分くらい我慢するように言われた。

3分経ったら、トイレに行って、その薬を出すという流れだった。

文章で説明するの難しい。。

ちゃんと伝わってるかな。。笑

とにかく薬が出てこないように、3分間、我慢するっていうだけです。笑

でも、たったの3分だけなのに、我慢するのが結構辛かった。

ベッドの上に座って、お尻から薬が出てこないように、、

少しでも気を抜くと出てきそうで、ちょっと焦る。

初めて浣腸というのをやって、

思ったより少し大変だったけど、下剤を飲むよりは何千倍もマシだった。

もうね、全然、楽!!!笑

1回の浣腸では、腸の中は綺麗にならなかったため、最終的に2回浣腸することになった。

そして…

やっと、内視鏡検査ができるくらいまで腸の中がきれいになった。

(とりあえず、、よかった…!!)

(どうなるかと思った、、笑)

看護師さんと年齢が近いこともあって、世間話もできて、ちょっと楽しかった。

浣腸が無事に終わって、ママが待っている待合室に戻る。

検査の順番が回ってくるまで、しばらく待つことになった。

ちゃんと腸の中も綺麗になって、これでやっと内視鏡検査ができる状態になった。

(長かったけど、無事にここまでこれてよかった…)

大腸内視鏡検査

受付の人から、

「検査の順番が回ってきたので、検査室に案内しますね」

と言われて、一緒に歩いて内視鏡検査室に向かう。

やっぱり大きい病院だからか、内視鏡検査室が何個もあった。

(前に通っていた病院と、雰囲気も全然違う…!!)

検査室に入ると…

優しい雰囲気を醸し出している女性の先生が待っていた。

ベッドに横になると、血圧を測ったり、人差し指にパルスオキシメーターをつけられる。

早速、内視鏡検査の準備に取り掛かる。

先生から本人確認のため、自分の名前と生年月日を聞かれる。

すると…

先生は、

「今日は、〇〇先生も検査を見にくることになっているからね。

もうすぐ来ると思うけど…優しい先生だから安心してね〜」

と言った。

(ふーん…あのチャラ男先生が言っていた◯◯先生のことか…)

もしかしたらこれから先、お世話になる先生なのかもしれない。

そんなことを考えていると、その例の◯◯先生と思われる白衣を着た人が検査室に入ってきた。

ついに主治医と対面

例の◯◯先生が、軽く挨拶をする。

「こんにちはっ」

第一印象は…

そこらじゅうにいそうな、背の高い普通のおじさん。

見た目は、すごく堅物そう…

それに、冗談が全く通じなさそうなイメージ。。

優しそうな感じではあるけど、、

何とも言えない微妙な雰囲気。

そんな言いたい放題言ったら失礼だけど…笑

先生ごめんね。笑

でも内視鏡室は結構暗いから、あまり顔はハッキリ見えなかった。

あとからこの先生が、自分の主治医だということを知った。

先生に軽く挨拶を返して、女医さんが鎮静剤の準備をする。

鎮静剤を体の中に入れていく中、じっと眠くなるのを待つ。

でも、、

全くと言っていいほど、全然眠くならない。笑

(え、なんで、なんで…)

お酒が強い人は、鎮静剤が効きづらいらしいけど、

私は強くもないし、何ならお酒はめっちゃ弱い方。。笑

居酒屋に行っても、飲めても一杯くらい。。

最近、飲みに行ったりしていないから、なんとも言えないけど…笑

結局、鎮静剤を追加してもらった。

追加の鎮静剤を打ってもらってから、数秒後…

だんだん眠くなっていった。

体が下へ下へ沈んでいくような感覚に陥って、自然と目が閉じていった。

私、実は鎮静剤で眠くなる瞬間、結構好き。。笑

私だけかな…?笑

内視鏡検査をしている途中、何回か目が覚めて内視鏡室の風景が見えた。

かすかに聞こえる先生や看護師さん達の声、ピーピーという機械の音。。

(あれ、まだ検査終わってないんだ…)

それから、またすぐに眠くなってそのまま寝た。

前の病院では、検査中に目が覚めるなんてこと一度もなかったのにな。。

病院によって、鎮静剤の種類が違うのかな?

検査後の休憩

それから、

しばらくして気付いた時には、休憩室のベッドで横になっていた。

鎮静剤を使っているため、

検査後は、1時間くらいベッドで休まないと家に帰らせてくれない。

これは、多分どこの病院でも一緒。

今回の内視鏡検査の結果は、どうだったんだろう。。

ちょっと心配。。

(結果がどうであれ、手術することに変わりはないか…)

それから、ベッドの上で寝たり起きたりを繰り返した。

そして、1時間経った。

ベッドから起き上がって立ち上がると、

それでもまだ目眩がして、まっすぐ前に歩けなかった。

(体ダルいし、まだフラフラする。。)

とりあえず検査が1つ終わって、ホッと安心した。

(他の検査も何事もなく、無事に終わってほしいな…)

大腸以外にも、どこか悪いところがあったら、もう耐えられる気がしなかった。

 

ということで、今回はここまで!!

最後に…

今回は、

私の闘病日記vol.8
『主治医との出会い』

をみなさんにお話しました。

いかがでしたか?

次回は、今回の続きをみなさんにお話していきたいと思っています!

↓↓こちらから続きが読めます↓↓

私の闘病日記vol.9
『手術前検査』

私の闘病日記vol.9『手術前検査』 今回は… 私の闘病日記vol.9 『手術前検査』 をみなさんにお話ししたいと思います。 ↓↓前回のお話を読んでいない方はこち...

ぜひ、読んでね!!

 

SNSもやっています!!

・X(旧Twitter
・Instagram

『櫻根あゆ』で検索してね!

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

あゆ
あゆ
あなたの人生がもっと素敵になりますように